歌舞伎ちゃん 二段目

『歌舞伎のある日常を!』 歌舞伎バカ一代、芳川末廣です。 歌舞伎歴10年の20代。2013年6月より毎日ブログを更新しております。 「歌舞伎が大好き!」という方や「歌舞伎を見てみたい!」という方のお役に立てればうれしく思います。 mail@suehiroya-suehiro.com

広告

歌舞伎座・第1週の幕見情報

こんばんは♪

今日はお仕事帰りに歌舞伎座へ…ヾ(。・ω・)ノ

夜の部の「鎌髭」と「景清」を幕見して参りました!

混雑状況

幕見券は18:30過ぎに購入しまして100番台でした。

立ち見エリアのバーがすべて埋まり後方の台の上には10人ほどの人がいるくらいの混み方で、

公演期間の一週目の平日としては人出が多い方だと思います!

景清は18:30の時点で鎌髭から通して購入したため、40番台の切符を買うことができました。大体半分ほどの人が通してご覧になるようです。

景清の最終的な立ち見の人数は、立ち見エリアのバーが半分ほど埋まる程度のようでした。

今日は平日にもかかわらず3階席はかなりの盛況ぶり、幕見席も外国の方がたくさんいらしていて客席はかなり盛り上がっていましたヽ(。>▽<。)ノ

 

荒川の佐吉から夜の部の最後まで通す方はあまりいないようです。確かに全く異なる味わいのものですから、気持ちを切り替えて別の日に見ることができるのも幕見の良さですね(人'v`*) 

 

市川右近さんの道化役

今日は鎌髭での市川右近さんがかなり飛ばしていて、1人で見ていたすえひろも思わずハハハと声に出して笑ってしまいました(´▽`)

妙な話ですが舛添氏の「第三者の厳しい目で精査」というフレーズは、よく考えると歌舞伎のいろいろな演目に当てはまりやすいのですよね…!

今回のコクーン歌舞伎でも使われていましたし、その際も客席がどかんと笑いに包まれていました。こうしたキャッチーな時事ネタの取り入れ方にも、役者と観客双方の洒落心が感じられます。

 

それでは皆様1週間お疲れ様でした!

楽しい週末をお過ごしください♪

 

Copyright © 2013 SuehiroYoshikawa  All Rights Reserved.