歌舞伎ちゃん 二段目

『歌舞伎のある日常を!』 歌舞伎バカ一代、芳川末廣です。 歌舞伎歴10年の20代。2013年6月より毎日ブログを更新しております。 「歌舞伎が大好き!」という方や「歌舞伎を見てみたい!」という方のお役に立てればうれしく思います。 mail@suehiroya-suehiro.com

広告

やさしい一條大蔵譚 その3 鬼次郎夫妻は奥殿へ

今日も、ただいま歌舞伎座で上演中の秀山祭九月大歌舞伎より

一條大蔵譚」のお話をしたいと思います(人'v`*)

ここまでのあらすじ

昨日は、だいたい檜垣の段あたりまでをざっくりとお話しました!

源氏再興を目指している源義朝の家臣・吉岡鬼次郎は、

阿呆と評判の公家・一篠大蔵卿の妻となった源義朝の愛妾・常盤御前

何度も嫁入りをして一体どういうつもりでいるのか…

自分と同じ源氏再興の志を持っているのか…

それとも義朝への恩義など忘れてしまったのか……

そのような諸々を確かめたいと思い、

自身の妻・お京と手を組んで大蔵卿の屋敷へと入り込んだのでしたね(´▽`)

常盤御前を発見

ここから場面は変わりまして、大蔵館の奥殿です。

鬼次郎夫妻がこの奥殿へ駆けつけますと、

常盤御前はちょうど御簾の中にてなにやら投げている様子。

なんと、小さな弓矢で楽しげに遊んでいるではありませんか!

これは揚弓という遊びで、鬼次郎夫妻にはなんだかとてものんきに見えたのかもしれません。

二人は頭に来てしまい、

\義朝様の恩義を忘れたんですか!/

\二度も三度も嫁入りして、貞操のない方ですね!! /

となじり、弓を取り上げて常盤御前をぶんぶん殴りました( `ー´)ノ

 

常盤御前の本心は

この打擲を受けて怒るどころかなんと、

鬼次郎夫妻の忠義のこころを褒める常盤御前。

隠していた本当の気持ちを、夫妻に向かって語り始めました。。。

 

自分がなぜ一度 敵方の清盛の愛妾となったかといえば

義朝の忘れ形見の幼い今若・乙若・牛若の三兄弟を守りたいその一心だった、

権力に翻弄されて、物同然に扱われる女の身は悲しいもの……

そういった思いを嘆く場面は、常盤御前の大きなみどころです。゚゚(´□`。)°゚。

 

そればかりでなく私が今こうして揚弓で遊んでいるのも、

実は平家の調伏を祈り念じながらのことなのですよ、と明かす常盤御前!

なんと的の下にこっそり清盛の絵姿を敷いたうえで、

それに向かって弓を投げていたことがわかりましたΣ('0'o)

 

これを受けて鬼次郎夫婦は驚愕!!

私たちはなんてことをしてしまったのでしょう…!!

と詫びて、共に涙を流すのでした。゚゚(´□`。)°゚。

 

と、そこへ…

そんな3人の様子を伺っていた

家老の八剣勘解由といういかにも悪そうな男がやってきました( `ー´)ノ

 

\聞いた聞いた、常盤御前の計略を清盛に言いつけてやるぞ!/

と勘解由勇んでゆこうとしたその時、

お話は驚きの展開を迎えます…Σ('0'o)

 

と、今日はここまでにしまして明日に続きますね(人'v`*) 

Copyright © 2013 SuehiroYoshikawa  All Rights Reserved.