歌舞伎ちゃん 二段目

『歌舞伎のある日常を!』 歌舞伎バカ一代、芳川末廣です。 歌舞伎歴10年の20代。2013年6月より毎日ブログを更新しております。 「歌舞伎が大好き!」という方や「歌舞伎を見てみたい!」という方のお役に立てればうれしく思います。 mail@suehiroya-suehiro.com

広告

【本日5日スタート】東京スカイツリー 天望歌舞伎!

東京の東側の一大観光地としてすっかり定着してきた東京スカイツリー! 

そんなスカイツリーの展望台で、

天望歌舞伎なる催しが本日10月5日より始まりましたヽ(。>▽<。)ノ

www.kabuki-bito.jp

会場は東京スカイツリーの天望デッキ。実に地上350メートルの高さですΣ('0'o)

天望デッキは3つのフロアに分かれており、360度の眺望を楽しみながらレストランやカフェなどでゆったりとした時間を過ごせるとあって大変人気のスポットです。

最上階・フロア350では「SKYTREE ROUND THEATER(R)(スカイツリー・ラウンド・ シアター)」と称して、広い窓ガラスを巨大なスクリーンに見立てて様々な映像を上映しています。

そんなシアターでこの秋から来年1月にかけて上映されるあらたなプログラムが「天望歌舞伎」なのだそうです(´▽`)

もしも江戸の人が見たらば、地上350メートルの景色と最新の映像技術に腰を抜かしてしまうのではないでしょうか…(*´艸`)

このように技術が進歩してゆく中でも、歌舞伎がいまだに上演されているというのはものすごいことだなぁと改めて思います。

 

気になる内容ですが…

勘九郎さんが「石橋」を基にしたあらたな踊りを、なんとチャックベリーの音楽に合わせて踊るという、大変ファンキーな仕上がりのようです!

後編ではなんと平成中村座での勘三郎さんのお姿も拝見できるとのこと。

東京の夜空で大暴れする勘三郎さん…!これはもう歌舞伎ファン必見の催しですね!

展望台はふたつ

東京スカイツリーの展望台は、

地上350メートルの天望デッキ

地上450メートルの天望回廊と2つあります。

現在二つの展望台の料金は別々の支払いのようですが、

天望歌舞伎は天望デッキまでの入場料で見られるそうです(´▽`)

当日券・日時指定券で料金が変わってくるようですが、大人は2000円~2500円です。

12月からは少し割増になりますので、11月中のお出かけがお得ですね(人'v`*)

上映スケジュール

2016年10月5日(水)~2017年1月31日(火)

各回約7分

10月は18:00~21:00まで30分おきに一日7回上演。

11月からは一日5回の上演に変わります。

日没時間に合わせ上演時間が変動するようですので、詳細は公式ページをご確認ください。

公式ページ

www.tokyo-skytree.jp

公式ページはこちらからご覧いただけます!アクセスなどこちらからご確認くださいね。

すえひろはちょうど隅田川界隈がふるさとでして、東京スカイツリーの建設当初は、生まれ育った街の風情が失われてしまうような気がしてなんとも物寂しく思っておりました。

しかしあのような巨大な物体も、日常に溶けこんでゆくにつれ徐々に愛着も湧いてくるもので…こうして大好きな勘九郎さん主演の素敵な催しが開催されているところを見ると、とてもうれしく誇らしいものがあります(n´v`n)

秋の行楽にぜひお出かけくださいね、大川のほとりよりお待ちしております(人'v`*)

Copyright © 2013 SuehiroYoshikawa  All Rights Reserved.