歌舞伎ちゃん 二段目

『歌舞伎のある日常を!』 歌舞伎バカ一代、芳川末廣です。 歌舞伎歴10年の20代。2013年6月より毎日ブログを更新しております。 「歌舞伎が大好き!」という方や「歌舞伎を見てみたい!」という方のお役に立てればうれしく思います。 mail@suehiroya-suehiro.com

広告

やさしい壽曽我対面 その二 お正月といえば!

ただいま歌舞伎座で上演中の團菊祭五月大歌舞伎

七世 尾上梅幸 二十三回忌
十七世 市川羽左衛門 十七回忌と銘打たれている今年の團菊祭は、おめでたい襲名披露の興行でもあります。

坂東彦三郎改め初代 坂東楽善
坂東亀三郎改め九代目 坂東彦三郎
坂東亀寿改め三代目 坂東亀蔵 襲名披露
六代目 坂東亀三郎 初舞台

親子三代の襲名披露&初舞台という記念すべき月です!

 

今回襲名披露狂言として選ばれているのはこちらのふたつの演目。

  • 昼の部「梶原平三誉石切
  • 夜の部「壽曽我対面

この中から大変華やかでおめでたい演目「壽曽我対面」について少しばかりお話いたしますので、何かのお役に立てればうれしく思います(人'v`*)

その一はこちら 

www.suehiroya-suehiro.com

おめでたい曽我物

壽曽我対面」が初めて上演されたのは、延宝4年(1676年)1月江戸の中村座であるとされています。

そののち、享保の時代がやってきますと、

曽我狂言」(曽我十郎・五郎兄弟が工藤祐経を討つという当時大人気のストーリーを基にした演劇の一ジャンル)の上演は、お正月公演の恒例となったのだそうです。

人々は初春のにぎにぎしいムードのなか曽我狂言を見て、あぁ正月だねぇおめでたいねぇと思っていたのでしょうね。
それほどまでに曽我狂言が好きだったのか…と不思議にも思います(*´艸`)

 

特に「壽曽我対面」はフィナーレとして上演され、

出演者一同がずらりと顔を揃えて
\新年あけましておめでとうございます/といった風情の儀式的な演目であったそうです。

 

現代においては五月のいま「壽曽我対面」が上演されていることからも明らかなように、お正月かどうかに関わらず上演されています。

それでもやはり非常におめでたい印象を受ける狂言です。襲名披露の場にもぴったりであります(n´v`n)

 

そんなおめでたい壽曽我対面では

上手の工藤祐経をに見立て

曽我兄弟&朝比奈の3人を富士山に見立てる

…という場面があります。

 

いったいどこのことか、ぜひ探してみてくださいね(人'v`*)

幕見席の発売時間はこちら

www.suehiroya-suehiro.com

Copyright © 2013 SuehiroYoshikawa  All Rights Reserved.