歌舞伎ちゃん 二段目

『歌舞伎のある日常を!』 歌舞伎バカ一代、芳川末廣です。 歌舞伎歴10年の20代。2013年6月より毎日ブログを更新しております。 「歌舞伎が大好き!」という方や「歌舞伎を見てみたい!」という方のお役に立てればうれしく思います。 mail@suehiroya-suehiro.com

広告

【来たる12日】歌舞伎座・秀山祭九月大歌舞伎 チケット一般発売!

あさって12日は9月の歌舞伎座公演
秀山祭九月大歌舞伎のチケット一般発売日です!
どうぞお早めにご検討ください(人'v`*)

公演の詳細

www.kabuki-bito.jp

一般発売日

8月12日 (土) 10:00~

【チケットWeb松竹】

会期・上演時間

2017年9月1日(金)~25日(月)

昼の部 11:00~

夜の部 16:30~

チケット料金

1等席   18000円

2等席   14000円

3階A席   6000円

3階B席   4000円

1階桟敷席 20000円

みどころ

気が早いものかもしれませんがいよいよ芝居の秋がやってきますね♪

毎年秀山祭のお話をするたび、あぁ秋は近いなぁと少しものさびしく思います(n´v`n)

 

毎年九月に上演されている「秀山祭」とは何かと申しますと、

初代吉右衛門の芸を讃えた催しで、初代の当たり役を二代目である当代の吉右衛門さんが披露されるのが恒例となっています。

今回は『極付幡随長兵衛』の幡随院長兵衛と『ひらかな盛衰記』の船頭松右衛門実は樋口次郎兼光をお勤めになります。

 

古典の名作が揃った渋い狂言立てですけれども、

歌舞伎を見るのは初めてという方やまだ新作歌舞伎しか見たことがないという方にこそぜひともご覧いただきたい公演です。

播磨屋一門の方々と藤十郎さん、甥御さんの染五郎さん、義理のご子息の菊之助さんが中心となった、もはや見ごたえしかない座組であります。

想像しただけでワクワクしてしまいます(*´艸`)

 

さきほど「古典が揃った」と申しあげましたが、

夜の部「再桜遇清水(さいかいざくらみそめのきよみず)」に関しては異なり

吉右衛門さんが松 貫四のお名前で執筆された作品で、

こんぴら歌舞伎の第一回を飾った演目だそうです。

こちらは初めて拝見する演目ですので、私もとても楽しみです(人'v`*)

 

来月も見どころたっぷりの歌舞伎座!チケットはお早めにご検討ください!

Copyright © 2013 SuehiroYoshikawa  All Rights Reserved.