歌舞伎ちゃん 二段目

『歌舞伎のある日常を!』 歌舞伎バカ一代、芳川末廣です。 歌舞伎歴10年の20代。2013年6月より毎日ブログを更新しております。 「歌舞伎が大好き!」という方や「歌舞伎を見てみたい!」という方のお役に立てればうれしく思います。 mail@suehiroya-suehiro.com

広告

第三部を見てきました② 2017年八月納涼歌舞伎

今日は歌舞伎座へ出かけ、第三部「桜の森の満開の下」を見てまいりました!

これで二度目であります。

 

f:id:suehirochan:20170826231916j:image

 

一度目の時は途中で混乱してしまい残念に思っていたので、

原作である坂口安吾の小説「桜の森の満開の下」と「夜長姫と耳男」を読み、

壬申の乱についてもざっと調べてみるという下準備をしてみました。

するとやはり物語を見る角度が多角的になり、一度目よりもずっとおもしろく見ることができました!

 

演劇は映画ではないので何度か見た結果生まれる感想というのはどうかなとも思いますが、

古典歌舞伎は一度ではわからず知れば知るほどどんどんおもしろくなってゆくものが多いので、

これも歌舞伎ならではの魅力なのかもなぁと思っております。

 

勘九郎さんの「桜の花が咲くんだよ」というセリフの発語が切なすぎて胸に突き刺さりました…

歴史も、恋も、芸術も、何かを心から手にしたい時には、心に強烈な鬼をもって呪うか殺すか争うしかない…大切な何かを失うことは覚悟しなければならない…と、

自分の中にもなにか覚悟のようなものが芽生えました。

 

再演があることを信じ、楽しみにしております!!

Copyright © 2013 SuehiroYoshikawa  All Rights Reserved.