歌舞伎ちゃん 二段目

『歌舞伎のある日常を!』 歌舞伎バカ一代、芳川末廣です。 歌舞伎歴10年の20代。2013年6月より毎日ブログを更新しております。 「歌舞伎が大好き!」という方や「歌舞伎を見てみたい!」という方のお役に立てればうれしく思います。 mail@suehiroya-suehiro.com

広告

十月をふりかえり… 2017年

早いもので十月ももう終わり…

ハロウィンの今日は勘九郎さんのお誕生日ですね!おめでたいことです。

お誕生日には疎い私ですが、なんだか印象的で記憶しておりました(´▽`)

 

今月はやはり仁左衛門さんの

通し狂言 霊験亀山鉾」が一番の思い出です!

ここ数か月のなかで一番の必死さをもって劇場に通い、

血眼になって見てしまいました…

 

仁左衛門さんは上演前、「最後かも?」とおっしゃっていましたが、

そうおっしゃらずまたぜひ見せていただきたい…と再演を切望しております。゚゚(´□`。)°゚。

 

f:id:suehirochan:20171031225546j:plain

写真は、演出の一環で下げ売りの方々が配っていらした瓦版であります。

公演中のとある日、運良くキャッチすることができましたヽ(。>▽<。)ノ

中央が仁左衛門さんお勤めの藤田水右衛門の姿ですね!

鼻筋が見事に通っています(n´v`n)

 

藤田水右衛門の面体をあらわす

「鼻の高い、目の内涼しい、苦みばしったいい男」

などという言葉が、芝居のなかで繰り返されるたび、

客席じゅうからなんとなく

\ウフフフ…(*´艸`)/

と、そよそよした笑いが起こります。

 

その笑いのなかに、

乙女のような恥じらいとどこか満足気な雰囲気を感じとり、

あぁ…!共通認識…!!

「鼻の高い、目の内涼しい、苦みばしったいい男」

「片岡仁左衛門に生き写し」を見にいらしてるんですよね…!

私もなんです…!私もそのためにここにいます…!

と、ひとり大興奮しておりました。

 

こういった感覚は、やはりその場にいなければ味わうことができませんから、

芝居見物の醍醐味のひとつともいえるものですね…!

とにかくしあわせな時間でありました。

 

さて、来月はどんな芝居が待っているのでしょうか、

楽しみに今夜は休みたいと思います。

おやすみなさいませ(人'v`*)

Copyright © 2013 SuehiroYoshikawa  All Rights Reserved.