歌舞伎ちゃん 二段目

『歌舞伎のある日常を!』 歌舞伎バカ一代、芳川末廣です。 歌舞伎歴10年の20代。2013年6月より毎日ブログを更新しております。 「歌舞伎が大好き!」という方や「歌舞伎を見てみたい!」という方のお役に立てればうれしく思います。 mail@suehiroya-suehiro.com

広告

やさしい直侍 その三 三千歳が建てた直次郎のお墓が南千住に

ただいま歌舞伎座で上演中の吉例顔見世大歌舞伎

昼の部「雪暮夜入谷畦道」について、少しばかりお話いたします。

初めてご覧になる方や、歌舞伎ファンになりたての方のお役に立てればうれしく思います(人'v`*)

処刑された直次郎はその後…

直侍」こと片岡直次郎は実在の無頼漢であったというのは

その二でもお話した通りです。

 

再びのゆすりたかりで捕まってしまった直侍は、

現在の東京都荒川区は南千住にあった

小塚原(こづかっぱら)刑場」にて処刑されてしまいました。。

 

小塚原刑場は「骨ヶ原」とも書き、

磔やら火あぶりやらのおそろしい極刑が行われた場所であります(・_・;)

歌舞伎で有名な刑場といえば現在の品川区にあった「鈴ヶ森」ですが

この小塚原も非常に有名で、安政の大獄では吉田松陰らの処刑も行われています。

 

そんなおそろしい小塚原刑場へ、

処刑された直侍の遺体を引き取りにやってきたのが、

吉原大口屋の遊女・三千歳であります。

直侍と同じく、三千歳も実在だったのでした。

三千歳は本名をなをといって、もとは江戸浅草の茶くみ女でしたが、

新吉原の遊女となり名を馳せた女性です。

 

愛する直はんの遺体を引き取った三千歳は、

小塚原刑場近くの小塚原回向院にお墓を建ててあげました。

直侍が亡くなったのは天保3年(1832)

三千歳は明治17年(1884)72歳で亡くなったそうなので、

50年近くの歳月をどんな思いで過ごしていたのかなぁ…と胸が苦しくなります。。

 

三千歳が弔った片岡直次郎のお墓は現在も

東京都荒川区南千住の小塚原回向院にあります。

直次郎のお墓の横にはあの鼠小僧治郎吉のお墓もあるそうです。

有名な大どろぼうたちが並んで眠る、たいへん興味深い場所です。

浄土宗 南千住小塚原 回向院

 アクセス

Copyright © 2013 SuehiroYoshikawa  All Rights Reserved.