歌舞伎ちゃん 二段目

『歌舞伎のある日常を!』 歌舞伎バカ一代、芳川末廣です。 歌舞伎歴10年の20代。2013年6月より毎日ブログを更新しております。 「歌舞伎が大好き!」という方や「歌舞伎を見てみたい!」という方のお役に立てればうれしく思います。 mail@suehiroya-suehiro.com

広告

やさしい双蝶々曲輪日記「角力場」「引窓」まとめ 2018年1月

一年のはじまりである今月は、

都内だけでも実に4つの劇場で歌舞伎が上演されている

たいへんにぎにぎしいひと月です!

 

なかでも

歌舞伎座の壽初春大歌舞伎 夜の部「角力場

浅草公会堂の新春浅草歌舞伎 第二部「引窓」はそれぞれ、

双蝶々曲輪日記」というひとつの長いお話の中の場面であります。

劇場をまたいで一つのお芝居がかかるというのも

なかなかおもしろいものですね(´▽`)

 

以前にお話したものがいくつかありますのでここにひとつまとめてみました。

どちらかを初めてご覧になる方、初めてどちらもご覧になる方、

いろいろな方にとって、なんらかのお役に立てればうれしく思います(人'v`*)

 

そもそも双蝶々曲輪日記とは

双蝶々曲輪日記(ふたつちょうちょうくるわにっき)は、

1749年に大坂竹本座にて人形浄瑠璃として初演されたお芝居。

双蝶々(ふたつちょうちょう)というのは、

この演目に出てくる二人のおすもうさん「濡髪五郎」と「放駒吉」の

長の字2つにちなんで名付けられているのだそうです。

 

本当は全部で九段もある長いお話なのですが、

現代はその中でもとりわけ人気の場面二つ

角力場(すもうば)」「引窓(ひきまど)」が繰り返し上演されています。

 

「角力場」ざっくりとしたあらすじ

 

歌舞伎座で上演されている「角力場」では

強い強い濡髪長五郎を小兵の新人・放駒長吉が負かしたものの

実はそれは八百長であった…!

という場面が描かれています。

ざっくりとしたあらすじをまとめていますので

流れを把握する程度にお読みいただければと思います(人'v`*)

www.suehiroya-suehiro.com

「引窓」ざっくりとしたあらすじ

新春浅草歌舞伎で上演されている「引窓」では、

立派なおすもうさん濡髪長五郎がなんと殺人犯として追われている…

という急展開に(・_・;)

しかし濡髪は決して悪人ではなく、濡髪の家族や縁者もみな心優しい人ばかりなのです。

その善なる心がいっそう悲しみを引き立てる、渋い名場面であります。

こちらもざっくりとしたあらすじをまとめてありますので、

流れを把握していただければと思います(人'v`*)

www.suehiroya-suehiro.com

www.suehiroya-suehiro.com

登場人物について

角力場」「引窓」どちらにおいても重要な役柄である濡髪長五郎関について

名前の由来などについてお話しています。

www.suehiroya-suehiro.com

 

そしてこちらは「角力場」の山﨑屋与五郎さんのお話です。

「歌舞伎に登場する男性の中で二番目に理想的な男性は山﨑屋与五郎だ」

と話すと大概仰天され、最悪の場合はドン引きされてしまうのですが、

とても可愛らしく大好きなキャラクターです(n´v`n)

 

www.suehiroya-suehiro.com

 

 

今月は歌舞伎座で、愛之助さんが放駒長吉と二役にてお勤めです。

二つの役柄のコントラストをぜひお楽しみください(人'v`*)

 

Copyright © 2013 SuehiroYoshikawa  All Rights Reserved.