歌舞伎ちゃん 二段目

『歌舞伎のある日常を!』 歌舞伎バカ一代、芳川末廣です。 歌舞伎歴10年の20代。2013年6月より毎日ブログを更新しております。 「歌舞伎が大好き!」という方や「歌舞伎を見てみたい!」という方のお役に立てればうれしく思います。 mail@suehiroya-suehiro.com

広告

新橋演舞場 初春歌舞伎公演 夜の部を見てきました! 2018年

2018年二度目の芝居見物では、

新橋演舞場の新春歌舞伎公演 夜の部

新作歌舞伎 通し狂言 日本むかし話

を見てまいりました(人'v`*)

f:id:suehirochan:20180109212935j:image

 

「子供から大人まで楽しめる歌舞伎を」という思いから生まれたという

宮本亜門さん演出の新作歌舞伎です!

普段の歌舞伎公演よりもお子様方が多かったように思われ

きっと楽しい思い出となるだろうなぁとうれしくなりました(n´v`n)

 

新作歌舞伎ゆえあまり詳しくはお話できませんが、

海老蔵さんのご令嬢 麗禾ちゃんのかぐや姫がとても可愛らしかったです。

また、昔ばなしといえば悪役が印象的ですが

やけにリアリティのある節足動物が次々に登場してひいぃいいいとなりました。

苦手な方はどうぞ心の準備をなさっていてくださいね(*´艸`)

 

昨日放送のドキュメンタリー番組「市川海老蔵にござりまする。」で

海老蔵さんのご家族が悲しみのなか愛情深く日々を過ごされているようすを拝見し、

芝居を見ている時にはかわいそうかわいそう…という気持ちではなくて、

楽しい気持ちで夢中になって見ようという気持ちを新たにした次第です。

 

余談ですが、演舞場の前には

成田市の観光キャラクター「うなりくん」が駆けつけていました!

なんでも、2017年のゆるキャラグランプリで1位を獲得したのだそうですよ(´▽`)

f:id:suehirochan:20180109212950j:image

うなりくんはうなぎと成田空港にちなんで生まれたキャラクターであり

口癖は「うな。」だそうです。

恥ずかしながらこのすえひろはまさかうなぎとは思いもよらず、

ペンギンだと思っておりました。大変失礼いたしました。

 

今回の演舞場で初めて歌舞伎をご覧になる方は

「なぜうなりくんが演舞場にいるのか…?」と疑問に思われるかと思います。

それは、現在演舞場で座頭をお勤めの海老蔵さんのおうちである市川團十郎家が、

千葉県成田市の成田山新勝寺とそれはそれは深いゆかりがあるからであります。

 

海老蔵さんの屋号「成田屋」もここから取られたものなのでした。

 

そんな深いゆかりがいろいろ混線して、

なんとうなりくんに隈取を施したグッズまで売られていました。

お出かけの方はご覧になってみてくださいね(´▽`)

Copyright © 2013 SuehiroYoshikawa  All Rights Reserved.