歌舞伎ちゃん 二段目

『歌舞伎のある日常を!』 歌舞伎バカ一代、芳川末廣です。 歌舞伎歴10年の20代。2013年6月より毎日ブログを更新しております。 「歌舞伎が大好き!」という方や「歌舞伎を見てみたい!」という方のお役に立てればうれしく思います。 mail@suehiroya-suehiro.com

広告

サンリオピューロランドで「KAWAII KABUKI」を見てきました その2

東京は多摩センターにあるサンリオピューロランド

かわいいサンリオキャラクターたちが歌い踊るテーマパークです。

 

といっても乗り物がたくさんあるような遊園地ではなくて、

敷地内に点在している劇場で繰り広げられるお芝居とショー、

アクロバットやダンスがふんだんに盛り込まれたパレードショーなどがメインであります。

入場料は大人3800円、割引を使えば2500円程度でありながら、

お芝居やショーが丸一日見放題というお子様にも保護者にも、

芝居好きで独り身の大人にもやさしくあたたかいテーマパークです(人'v`*)

 

そんなサンリオピューロランド内のメルヘンシアターにて、

3月10日からキティー一座による歌舞伎ミュージカルショー

KAWAII KABUKI ~ハローキティ一座の桃太郎~

の上演が始まりました!

 

f:id:suehirochan:20180317232437j:plain

 

演出はあのワンピース歌舞伎の横内謙介さんがお勤め、

そのうえ巳之助さんが映像で、獅童さんが声でご出演になり、

キティちゃんたちへの歌舞伎演技指導は笑三郎さんが担当なさったという非常に豪華な演目とあって、

歌舞伎バカな上に大のサンリオ好きであるこのすえひろはさっそく拝見してまいりましたヽ(。>▽<。)ノ

 

メルヘンシアター内にはキティちゃんのちょうちんが飾られ、

芝居小屋の雰囲気が演出されています。

笑三郎さんから指導を受けた座頭のキティちゃんが

役者たちに見得を指導している様子もアップされていて、期待が高まります…!

 

そんなKAWAII KABUKIが一体どんなものであったのかお話をしたいと思いますが、

かなりのネタバレを含みますので、楽しみになさっている方はどうぞこの先をお読みにならないようご注意ください!

 

 

 

 

超カオスでクセになるKAWAII KABUKI

 

巳之助さん扮する源さんが待機している歌舞伎座から中継映像がつながるところからスタートしたKAWAII KABUKI

ピューロランドで本物の歌舞伎座2階ロビーのようすを見る不思議さが笑えます。

 

そして座頭であるキティちゃんの口上

ここは非常に本格的に祝い幕の前で行われ、いよいよ桃太郎のお芝居が始まり、

悪役のばつ丸と手下の鬼たちをキティちゃんの演じる桃太郎が

お供のダニエル・シナモン・プリンらとともに成敗していきます。

 

しかし「悪を悪として力で倒してはならない。みんな仲良く」という、

いちご王国(つまりサンリオ)の確固たる世界観がありますので、

キティちゃんたちはあくまでも友好的に、お花を咲かせるようにして成敗します。

ここではぶっかえりなどの演出が見られました!

 

そして舞台が終わりキティ一座はひと段落、

…と、思いきや、先ほど出演していた鬼役のうちの一人が本物の鬼で、

「キティ一座に入門することを志願していた」ということが明らかになります。

この本物の鬼・ゴロ―の声は獅童さんがお勤めになっています。

 

最初は本物の鬼であるゴローさんを恐れ、拒絶してしまったキティ一座でしたが、

歌舞伎によくある「勧善懲悪」という概念はサンリオの世界には存在しません。

 

サンリオのテーマのひとつである「みんな仲良く」という世界観にのっとり

ゴロ―さんを見た目や先入観で判断して、差別して傷つけてしまったことを深く反省。

キティ一座の新しい仲間として、あたたかく迎え入れるのでした。

とても道徳的でお子様の教育にも良い影響を与えそうな心温まるストーリーであります。

 

いちごの王様として知られる辻信太郎社長。私の尊敬する方であります。

辻社長が長年伝え続けるサンリオの大切な三原則である「かわいい」「なかよく」「思いやり(助け合い)」のこころは、歌舞伎を通してもしっかりと伝わってきました。

かわいいというのはキティちゃんたちの容姿の可愛さではなくて、心のかわいげのこと。

キティちゃんたちが自分の間違いを素直に認めてゴローさんにきちんと謝れるような、人に愛される心持ちのことであります。

この三つはサンリオおよびサンリオピューロランドの軸であり、子供の道徳教育としてだけでなく大人にとっても深く考えさせられるような素晴らしいものだと思います。

 

しかしながら演出面ではかなりカオスな展開が次々に繰り広げられました。

キャラクターたちがだんまりをしたと思ったら、

ドット絵のファミコン世界に入り込んでしまう…

そしてシナモン・プリン・ばつ丸が六方を踏み、女暫風のキティちゃんが登場…

などなど、とにかく40分間お子様を飽きさせないための超展開が次々に。

これらもまたサンリオピューロランド独特の中毒性に満ちていました。

涙を流すほど笑い、つい2回連続で見てしまいました(ノv`*)

 

全体的にはミュージカル要素が強く、獅童さんが朗々と歌い上げる場面もあります。

素敵なのでファンの方はぜひお聞きいただきたいなと思います!

またプロジェクションマッピングなどの演出も非常に迫力満点で、

お子様方がワクワクしているのが伝わってきました。

 

 

歌舞伎的な面で特におもしろかったのはだんまりの演出です!

小さなお子様方にも「これは暗いところなんだよ」とちゃんとわかるようになっており、

そのコミカルさにはお子様方の笑い声もたくさん聞こえました。

KAWAII KABUKI全体において伝統的なものが使われているのは一部ですが、

それでもお子様方がだんまりを楽しんでいるという情景は素晴らしかったです。

この先テレビなどで歌舞伎を見たお子様方が

「キティちゃんたちがやってたやつだ!」と思えばそれが入口となるわけですから、

さすがはワンピース歌舞伎の横内謙介さんだなぁと感動いたしました。

 

 

日によっては7回も上演されているというKAWAII KABUKI

演者さんたちの底知れぬパワーに圧倒されます!

 

小さいお子様をお持ちの方で、

一緒に歌舞伎を楽しみたいなとお考えの方はここからスタートというのも良いかもしれません(´▽`)

www.puroland.jp

 

 

オープニンググッズのパンフレットは500円

歌舞伎マメ知識などのためになる情報や稽古の様子などが載っているほか

かわいいクリアファイルがついています!絵柄のキャラクターはランダムでした。

お出かけの際は要チェックです♪

Copyright © 2013 SuehiroYoshikawa  All Rights Reserved.