歌舞伎ちゃん 二段目

『歌舞伎のある日常を!』 歌舞伎バカ一代、芳川末廣です。 歌舞伎歴10年の20代。2013年6月より毎日ブログを更新しております。 「歌舞伎が大好き!」という方や「歌舞伎を見てみたい!」という方のお役に立てればうれしく思います。 mail@suehiroya-suehiro.com

広告

やさしい於染久松色読販 その三 ここまでのお話

ただいま歌舞伎座で上演中の三月大歌舞伎

夜の部「於染久松色読販」では、仁左衛門さんと玉三郎さんの名コンビがご共演。

先月からの二か月連続共演ということで大いに湧いています!

この記念に少しばかりお話をいたしますので、

なんらかのお役に立てればうれしく思います(人'v`*)

 

お染久松とお六喜兵衛の関係って?

前回は元ネタについてお話いたしました。

大坂で起こったお染さんと久松くんの心中話の舞台を江戸に移したものが

鶴屋南北の「於染久松色読販(おそめひさまつうきなのよみうり)」であります。

 

しかしながら今月上演されている場面の主人公は

土手のお六鬼門の喜兵衛というワルな夫婦であって、

お染さんと久松くんは出てきません。

 

この場面にいたるまでにはお染さん久松くん双方の兄姉が、

女性・お金・家のたからものなどをめぐる厄介なもめ事に巻き込まれています。

なんと久松くんのおうちは、

お父さんがお預かりの牛王吉光という刀の折紙を失くしてしまい断絶!

久松くんは奥女中をしている姉の竹川さんとともに、

折紙の行方を必死に探しており、ようやく見つかったぞというところなのです。

 

しかしこの刀を買い戻すためには大金が必要ということがわかり…

竹川さんはかつて武家奉公に来ていた土手のお六に、

「なんとかお金を工面できないでしょうか」と相談していたのでした。

 

はすっぱな土手のお六ですが、根っからの極悪人というわけではありません。

恩人である竹川さんの頼みなら一肌脱ごうと、

鬼門の喜兵衛とともに悪だくみして夫婦揃ってゆすりに行こうとしている…

というのが今月上演されている場面なのであります。

 

そもそもその大切な牛王吉光を盗んだ人物こそ

鬼門の喜兵衛なのだというところがおもしろいところです(´▽`)

 

参考:歌舞伎登場人物事典

歌舞伎登場人物事典(普及版)

歌舞伎登場人物事典(普及版)

 

今月の幕見席

www.suehiroya-suehiro.com

Copyright © 2013 SuehiroYoshikawa  All Rights Reserved.