歌舞伎ちゃん 二段目

『歌舞伎のある日常を!』 歌舞伎バカ一代、芳川末廣です。 歌舞伎歴10年の20代。2013年6月より毎日ブログを更新しております。 「歌舞伎が大好き!」という方や「歌舞伎を見てみたい!」という方のお役に立てればうれしく思います。 mail@suehiroya-suehiro.com

広告

やさしい龍虎 その一 ダイナミックな義太夫の世界

ただいま歌舞伎座で上演中の

八月納涼歌舞伎

第一部「龍虎」は幸四郎さんと染五郎さんの

美しき親子共演が話題を呼びそうですので、この機会に少しばかりお話いたします。

芝居見物の楽しみのお役に立てればうれしく思います!

義太夫が濃厚な大迫力の舞踊作品

龍虎(りゅうこ)は、

昭和28年(1953年)9月に大阪にて初演された舞踊の演目であります。

一流の食通伝説でも知られる昭和の名優・八代目坂東三津五郎と

関西歌舞伎の名優・三代目實川延若によって繰り返し上演されました。

 

大地にとどろく雷鳴、空気をぐわんぐわんと揺るがすような暴風の中で

荒々しい虎と龍がグワーッとたたかいを繰り広げるという、

非常に猛々しくダイナミックな作品です!

 

今回、歌舞伎を初めてご覧になる方も大勢おいでと思います。

一口に日本舞踊と言っても、実はいろいろな音楽のジャンルがあり、

それぞれに味わいが異なるのですが、

この演目の音楽は「義太夫(ぎだゆう)」というジャンルです。

 

太い音の出る太棹三味線がドドドドドと荒々しいムードを高め、

太夫と呼ばれる歌い手の濃厚な語りが、詞章の世界を描き出します。

 

邦楽においての三味線の音というのは、 

雨風などの気象はもちろん、涙のこぼれるようすなどの心の動き、

虫の声などなどさまざまな世界を描き出しています。

幸四郎さん・染五郎さんの舞踊のようすはもちろんのこと、

音楽が描いている世界をイメージしながらご覧になってみてくださいね!

 

今月の幕見席

www.suehiroya-suehiro.com

Copyright © 2013 SuehiroYoshikawa  All Rights Reserved.