歌舞伎ちゃん 二段目

『歌舞伎のある日常を!』 歌舞伎バカ一代、芳川末廣です。 歌舞伎歴10年の20代。2013年6月より毎日ブログを更新しております。 「歌舞伎が大好き!」という方や「歌舞伎を見てみたい!」という方のお役に立てればうれしく思います。 mail@suehiroya-suehiro.com

広告

やさしい金閣寺 その四 ざっくりとしたあらすじ➁

ただいま歌舞伎座で上演中の

秀山祭九月大歌舞伎

昼の部「金閣寺」は歌舞伎の定番といえる演目のひとつですので、

この機会にざっくりとしたあらすじをお話しておきたいと思います。

芝居見物の楽しみのお役に立てればうれしく思います!

 

絵師・雪姫に片思い

金閣寺という題名は実はお話の中のひとつの場面のことで、

元々は祇園祭礼信仰記という長い長いお話であります。

 

お話の流れを本当に、ごくごく簡単にお話いたしますと、

1、天下を取ろうとたくらんでいる松永大膳というわるものが、

2、将軍の母と、雪村という絵師の娘・雪姫を金閣寺に幽閉しているのだが、

3、大膳は雪姫に惚れているが従わないので、縄で縛った

4、雪姫がネズミの絵を足の先で描くと本物のネズミが出てきて縄をかじり、

5、無事に開放されましたとさ

というものです。

本当はもっといろいろと複雑なお話がありますので、

少しずつお話していきたいと思います。

 

①では、秋永大膳が十三代将軍・足利義輝を暗殺し、

その母・慶寿院を金閣寺に幽閉しているという状況までお話いたしました。

じつは、この金閣寺にはもう一人の女の人が幽閉されているのであります。

 

それは、素晴らしい絵師として知られる雪舟の孫にあたり

代々絵師の血を引いた雪姫(ゆきひめ)という女性です。

姫とはいってもいわゆるプリンセスということではありません。

 

雪姫もまた絵師で、狩野之介直信(かのうのすけなおのぶ)という夫がいます。

この方は、足利家お抱えの立派な絵師であります。

そもそもこの二人が結婚できたのは、

雪姫が腰元して仕えていた慶寿院さまのはからいによるところでありました。

雪姫の姉は義輝の寵愛を受けた女性であるため、この方々には深い縁があったのです。

 

雪姫の父・雪村も高名な絵師でしたが、

じつはすでに何者かによって命を奪われており

雪姫直信は親の仇を討つことを念願としておりました。

 

そんな雪姫のことをねちねちねちねちと横恋慕しているのが、

秋月大膳なのでした。悪人に惚れられてはたまりません。

秋月大膳雪姫直信を幽閉し、

雪姫に「金閣の天井に龍を描くか、俺になびくかどっちか選べ」

「夫の命と引き換えに妾になれ」などと無茶なことを言って迫っていました。

 

高貴なる雪姫はどちらも受け入れることができず問答していると、

秋月大膳は宝剣を抜いてどうじゃどうじゃとすごみます。

 

すると、その刀を見た雪姫

アッ…!この男こそが父上の敵…!と気が付いたのでした…!

 

どうするどうするというところで、次回に続きます。

 

参考文献:新版歌舞伎事典/松竹歌舞伎検定公式テキスト

松竹歌舞伎検定公式テキスト

松竹歌舞伎検定公式テキスト

 

今月の幕見席

www.suehiroya-suehiro.com

Copyright © 2013 SuehiroYoshikawa  All Rights Reserved.