歌舞伎ちゃん 二段目

『歌舞伎のある日常を!』 歌舞伎バカ一代、芳川末廣です。 歌舞伎歴10年の20代。2013年6月より毎日ブログを更新しております。 「歌舞伎が大好き!」という方や「歌舞伎を見てみたい!」という方のお役に立てればうれしく思います。 mail@suehiroya-suehiro.com

広告

【来たる12日】歌舞伎座・十二月大歌舞伎 チケット一般発売!

あさって12日は12月の歌舞伎座公演

十二月大歌舞伎のチケット一般発売日です!

今年の12月はいつもとは少し違った趣向、夜の部が2パターンに分かれる公演のようです。

公演の詳細

www.kabuki-bito.jp

一般発売日

11月12日 (月) 10:00~

【チケットWeb松竹】

会期・上演時間

2018年12月2日(日)~26日(水)

昼の部 11:00~

夜の部 16:30~

チケット料金

一等席   18000円

二等席   14000円

3階A席    6000円

3階B席    4000円

桟敷席   20000円

みどころ

 

来月の公演は昼の部は毎日同じ内容ですが、夜の部はAプロとBプロの2パターンあります。

まず昼の部の大きな目玉は「於染久松色読販

若手女形のホープ壱太郎さんが年齢も性格も異なる7役

めくるめく早替わりでお勤めになるという驚きがいっぱいの楽しいお芝居です!

 

そして夜の部の大きな違いは「壇浦兜軍記」の配役です。

この演目の主人公は「阿古屋」という女形の大役。

琴、三味線、胡弓の三つの楽器を実際に舞台の上で演奏しつつ

複雑な胸の内を表現するというそれはそれは大変なお役であります。

 

この阿古屋をAプロでは最高峰の女形である玉三郎さんが、

Bプロでは若手女形のホープであるお二人

梅枝さん(4・8・12・16・22・25日)と児太郎さん(5・9・15・19・23日)が

お勤めになります!

 

偉大なる玉三郎さんに見守られながら20~30代の若手女形のホープの方々が、

日々大きな役に挑まれるお姿を拝見できるというのは本当に貴重な機会です。

お三方が50代、60代となられるときにこの公演を思い出して

じーんとしたいなと今からたいへん楽しみに思っております。

 

来月の歌舞伎座も見どころたっぷり!

とっても楽しみですね!

Copyright © 2013 SuehiroYoshikawa  All Rights Reserved.