歌舞伎ちゃん 二段目

『歌舞伎のある日常を!』 歌舞伎バカ一代、芳川末廣です。 歌舞伎歴10年の20代。2013年6月より毎日ブログを更新しております。 「歌舞伎が大好き!」という方や「歌舞伎を見てみたい!」という方のお役に立てればうれしく思います。 mail@suehiroya-suehiro.com

広告

本日千穐楽!歌舞伎座・南座顔見世・国立劇場

本日26日は、東京は歌舞伎座にて上演されていた十二月大歌舞伎と、

京都は南座にて上演されていた平成中村座十一月大歌舞伎

そして東京は国立劇場で上演されていた増補双級巴―石川五右衛門―の千穐楽でした!

\おめでとうヽ(。>▽<。)ノございます/

f:id:suehirochan:20180426232821j:plain

2018年の芝居納め

本日ですべての歌舞伎が千穐楽を迎え、

無事に2018年の芝居納めと相成りました。

 

なんといっても今月は、

お勤めになる方が長らく玉三郎さんただお一人となっていた難役中の難役・阿古屋を、

玉三郎さんと梅枝さんと児太郎さんで純繰りにお勤めになるという

大変ドラマチックな歴史の転換点でしたね!

 

今後も数十年にわたり歌舞伎を楽しんでいきたい身としましては、

今月を起点として将来の楽しみがまたいくつも増えたなあと大変うれしく思っております。

 

次々に登場する斬新な新作歌舞伎ももちろんおもしろいものですが、

やはりもっともっと長いスパンで繰り返し繰り返し上演され

たくさんの役者たちの創意工夫で洗練されていった古典歌舞伎の伝承、

そしてそれに人生をかけて取り組まれている当代の役者さんたちの姿を見るのは

この上ないよろこびだなとつくづく思います。

 

今月の日替わりで配役が変わるという上演形態は斬新なものだと感じましたが、

観客は大幹部の方の当たり役の数々とお若い方々がそれに挑まれる姿を

毎日代わる代わる見ることができる、

なおかつ大幹部の方の体力的負担は軽減され、

お若い方々は日々大幹部の方の芝居を見て学ぶことができる…ということを考えますと、

これはかなり素晴らしいアイディアなのだなあと今では思います。

 

今後もこのような形態が見られたらいいなあと期待し、

どんな方のどんな役がいいかなあ…などと妄想しております!

 

それはさておき、玉三郎さんから受け継いだ大切な阿古屋を

梅枝さんだけ、児太郎さんだけの配役で上演される日が今から待ち遠しいですね。

今後のおふたりのご活躍を心より楽しみにしております!!

Copyright © 2013 SuehiroYoshikawa  All Rights Reserved.