歌舞伎ちゃん 二段目

『歌舞伎のある日常を!』 歌舞伎バカ一代、芳川末廣です。 歌舞伎歴10年の20代。2013年6月より毎日ブログを更新しております。 「歌舞伎が大好き!」という方や「歌舞伎を見てみたい!」という方のお役に立てればうれしく思います。 mail@suehiroya-suehiro.com

広告

やさしい名月八幡祭 その四 江戸の夏の風物詩 越後の縮売

ただいま歌舞伎座で上演されている二月大歌舞伎

今月の夜の部「名月八幡祭」は松緑さんとニザ玉のご共演という

非常に思い出深い芝居となりそうですので、

この機会に少しばかりお話したいと思います。

芝居見物の何らかのお役に立てればうれしく思います。

 

越後からやってくる縮売のひとびと

名月八幡祭(めいげつはちまんまつり)とはそもそも、

1918(大正7)年8月に東京は歌舞伎座にて初演された歌舞伎演目であります。

 

作者は池田大伍(いけだだいご)。当時の名優・二代目左團次のために、

江戸の風情溢れる芝居を数々執筆していた人物です。

初演の際にも二代目左團次が主役の縮屋新助を勤めていました。

 

お話の筋は大変わかりやすく

・ビッグイベント深川八幡の祭を控えた江戸深川の街が舞台。

・自由奔放な深川芸者の美代吉には、船頭の三次という情夫がいる。

・三次はほぼヒモの状態であるし、明日は祭で派手な衣装を作りたいしで、美代吉には金がない。

・そんな美代吉に惚れてしまった、越後からやってきた純朴な縮屋の新助さん。

・美代吉は100両の金の工面を新助さんに頼んでみるのだが…

というような流れであります。 

 

まじめで一途な新助さんは、 遠く越後からはるばる江戸まで

織物の「縮(ちぢみ)」を売りにやってきている行商の若者です。

そんな「越後の縮売」というのは、毎年夏に江戸に滞在している

江戸の夏の風物詩ともいえる存在であったそうであります。

 

縮売のひとびとは越後の国の農村から数千人の行商団を作って、

江戸のみならず京、大坂、海を渡って九州や北海道まで売り歩いていたそうです。

新助さんも「仲間がおります」と何度か言っていますね。

 

天明から文化・文政のころには上流階級の人々をお得意さんにして、

商売上手で名高いあの「近江商人」にも迫る勢いで活躍、

越後の国を大変豊かにしました。

 

豪雪地帯である越後の魚沼や小千谷では現在でも、

高級な麻織物である「上布」や「縮」などがつくられ、

貴重な文化財として守られています。

 

越後の縮は寒い冬の間に織り、

晴れた冬の日に真っ白い雪の上に布を晒して漂白するという独特の製法で知られ、

こうした見事な景色が見られるようです。


【4K】小千谷縮の雪晒し(新潟県小千谷市)

 

雪晒しを行うのは春が近づき雪がしまるころだそうですから、そろそろでしょうか?

真っ白い雪にマーカーラインを引いたような爽やかな風景がとても美しいですね!

 

参考文献:日本大百科全書/日本民族衣装普及協会/残したい手しごと 日本の染織

残したい手しごと日本の染織

残したい手しごと日本の染織

 

今月の幕見席

www.suehiroya-suehiro.com

Copyright © 2013 SuehiroYoshikawa  All Rights Reserved.