歌舞伎ちゃん 二段目

『歌舞伎のある日常を!』 歌舞伎バカ一代、芳川末廣です。 歌舞伎歴10年の20代。2013年6月より毎日ブログを更新しております。 「歌舞伎が大好き!」という方や「歌舞伎を見てみたい!」という方のお役に立てればうれしく思います。 mail@suehiroya-suehiro.com

広告

やさしい京鹿子娘道成寺 その七 ざっくりと流れをつかむ④

ただいま歌舞伎座にて上演中の

團菊祭五月大歌舞伎

新元号令和最初の記念すべき歌舞伎公演です!

 

夜の部「京鹿子娘道成寺」は数ある歌舞伎舞踊の中でも

屈指の名作として知られています。

この演目については過去にもお話いたしましたが、

お話し足りない部分が多いのでいろいろと加えてまいります。

芝居見物のお役に立てればうれしく思います!

恋の手習い つい見習いて

京鹿子娘道成寺(きょうがのこむすめどうじょうじ)は、

1753年(宝暦3)年3月に江戸は中村座にて初演された舞踊演目。

江戸時代中期に活躍した元役者の歌舞伎作者・藤本斗文(とぶん)の作で、

初代杵屋弥三郎が作曲を担当、名女形の初代中村富十郎が初演したと伝えられています。

f:id:suehirochan:20190508105515j:plain

初代中村富十郎(THE MET・パブリックドメイン)

 

踊りを見ているだけでもうっとりと、充分に楽しめる演目ですが、

演目の内容をつかむとなおおもしろいかもしれませんので

ざっくりと流れをお話しております。

 

 

かっこいい三味線の演奏で高揚感がググーッと増し、最高潮に達したところで、

今までとはガラッと雰囲気が変わった色っぽい花子が

手ぬぐいを手にしっとりと登場します。

 

恋の手習い つい見習いて

誰に見しょとて紅鉄漿(べにかね)つきょうぞ

みんな主への心中立てという詞章には

誰に見せようとして紅を塗ったりお歯黒にしたりしましょうか、

みんなあなたのためですよ…と、

つれない男性に対する女性の恨み言が込められています。

 

殿御殿御の気が知れぬ 気が知れぬ

悪性悪性な気が知れぬ 恨み恨みてかこち泣き…

露を含みし桜花 さわらば落ちん風情なり

と、つづられる恋心はどっしりずっしりと重くなっていきます。

 

こうした、女性の恋心や嫉妬心、情念などを描いた

しっとりと色っぽいパートを「クドキ」と呼びます。

クドキ」のパートは舞踊一番の見どころ!

うっとりと見入ってしまうような美しい場面です。

 

ここから先は舞踊の流れと同様、スピードアップしてお話してまいります。

次回へ続きます!

 

参考文献:日本舞踊曲集成/新版歌舞伎辞典/松竹歌舞伎検定公式テキスト

長唄《京鹿子娘道成寺》に摂取された謡-旋律とアクセント‐

新版 歌舞伎事典

新版 歌舞伎事典

 

今月の幕見席

www.suehiroya-suehiro.com

Copyright © 2013 SuehiroYoshikawa  All Rights Reserved.