歌舞伎ちゃん 二段目

『歌舞伎のある日常を!』 歌舞伎バカ一代、芳川末廣です。歌舞伎学会会員。2013年6月より毎日ブログを更新しております。 「歌舞伎が大好き!」という方や「歌舞伎を見てみたい!」という方のお役に立てればうれしく思います。 mail@suehiroya-suehiro.com

広告

やさしい神明恵和合取組 その四 一年を二十日で暮らすよい男

ただいま歌舞伎座にて上演中の

團菊祭五月大歌舞伎

新元号令和最初の記念すべき歌舞伎公演です!

昼の部「神明恵和合取組」は粋な江戸っ子たちが大暴れする

たまらなくカッコいい演目ですので、この機会に少しばかりお話してみます。

芝居見物のお役に立てればうれしく思います!

一年を二十日で暮らすよい男

神明恵和合取組(かみのめぐみわごうのとりくみ)は、

1890年(明治23)3月に東京は桐座にて初演された演目。

幕末に活躍した偉大なる歌舞伎作者・河竹黙阿弥の弟子

竹柴其水(たけしばきすい)の作品であります。

f:id:suehirochan:20190517195302j:plain

芳虎 江戸の花子供遊びより二番組め組 

国立国会図書館デジタルコレクション

 

め組の喧嘩」という通称で知られ、火事と喧嘩は江戸の華という言葉のとおり

粋でいなせな江戸ッ子たちの美学がビシバシと感じられる熱い演目です。

 

本当にざっくりとした流れをお話いたしますと、

一、品川の遊郭で鳶頭の辰五郎が四ツ車という相撲取りたちともめ、辰五郎は恥をかかされる。

ニ、数日後、芝居小屋で鳶VS相撲取りのバトルが再燃。一触即発の状態になるも、太夫元の顔を立てて場を収める。

三、しかし気持ちの収まらない辰五郎は、女房子供に別れを告げて相撲取りへの仕返しに向かう!

四、鳶と相撲取りの大乱闘!

…というものです。

芝居の展開のおもしろさを味わうというよりも、

血の気の多い江戸ッ子たちがカッカカッカしているようすや

スカッとしてかっこよい江戸の風俗を見るのが楽しい演目であります。

 

鳶と力士が大喧嘩になった発端の島崎楼の場面で、

鳶たちは「相撲取りは士分であって鳶とは身分が違う」などと言われ

胸にふつふつと怒りをたぎらせていましたね。

 

そのうえ力士たちはおさむらいと宴に列席、実に景気の良いようすでありました。

現代でも幕内で活躍するおすもうさんは超高給取りとして知られていますが、

江戸時代当時の力士はどんな状況であったのかを少しばかり調べてみました。

 

江戸時代の力士たちは、勧進大相撲の興行で収入を得ている相撲のプロ。

戦国時代から武士というのは相撲が大好きだったそうで、

天下泰平の世にあっても大名たちは強い力士を抱えたがり、

諸藩がこぞって力士を召し抱えていたそうであります。

 

この大名たちは力士にとっていわばスポンサー。

士分格にお給料、刀や衣服、立派な化粧まわしを与えてもらい、

「そのかわり、どうか場所で勝って藩の名を挙げてくれよ」という

それはそれは大きな期待を背負って体を作り、相撲をとっていたわけです。

 

 

そんななかで見事な結果を残す強い力士はスーパースター、

さむらいたちだけではなく庶民も熱狂させるヒーロー的存在でありました。

江戸の定場所は春と秋の2場所、合計たった20日間

このたった20日間の仕事だけで一年間を過ごすことができるということで

一年を二十日で暮らすよい男」と川柳にうたわれたそうであります。

 

しかしながら、実際は地方巡業や大名家でのお仕事、

芝居にもあるような会食の席などいろいろな仕事があり

20日だけの労働というわけにはいかなかったようですよ。

現代のおすもうさんも毎日の稽古に地方巡業、イベント、トーナメント…と

なかなかにお忙しそうなようす、

身一つで稼ぐというのは相当な努力がいるようです。

 

参考文献:新版歌舞伎辞典/東京都立図書館/日本相撲協会/謎解き!江戸のススメ

新版 歌舞伎事典

新版 歌舞伎事典

 

今月の幕見席

www.suehiroya-suehiro.com

Copyright © 2013 SuehiroYoshikawa  All Rights Reserved.