歌舞伎ちゃん 二段目

『歌舞伎のある日常を!』 歌舞伎バカ一代、芳川末廣です。歌舞伎学会会員。2013年6月より毎日ブログを更新しております。 「歌舞伎が大好き!」という方や「歌舞伎を見てみたい!」という方のお役に立てればうれしく思います。 mail@suehiroya-suehiro.com

広告

やさしい伽羅先代萩 その三 あらすじ① 

ただいま歌舞伎座で上演中の

八月納涼歌舞伎

娯楽性の高い演目が並んだ夏休みらしい公演です。

そんななか第一部「伽羅先代萩」は古典の名作中の名作。

乳人政岡という女形の大役を七之助さんが初役でお勤めになること、

甥にあたる勘太郎さん、長三郎さんがご共演なさることで話題を呼んでいます!

 

上演頻度も高く、派生した作品もたくさんありますので

今月上演の「御殿・床下」の場面についてじっくりとお話いたします。

芝居見物のお役に立てればうれしく思います!

どうなる?足利家

伽羅先代萩(めいぼくせんだいはぎ)は、

1777(安永6)年4月大坂は中の芝居で初演された演目です。

とはいっても現在の上演スタイルは初演そのままというわけではなく、

別の作品からいろいろと取り入れておもしろくなったという成り立ちです。

 

実録先代萩」「裏表先代萩」「伊達の十役」などなど、

伽羅先代萩をアレンジした作品がたくさんありますが

パロディ的なものは元ネタを知っていた方がよりおもしろく楽しめるかと思いますので

まずは今月上演されている「御殿・床下」の場面のあらすじについてお話してまいります。

f:id:suehirochan:20190811221445j:plain
歌川豊国/局政岡・仁木弾正・男之助・河津三郎・股野五郎・き世川・菖蒲前・頼政・井ノ隼太

国立国会図書館デジタルコレクション

 

舞台はいきなり足利家の奥殿の場面からはじまりますが、

まずはこの場面では見えにくい、そもそもの前提をお話しておきたいと思います。

 

ここは奥州の大名・足利頼兼(あしかがよりかね)のお屋敷です。

頼兼の周りには、伯父の大江鬼貫(おおえのおにつら)

家老の仁木弾正(にっきだんじょう)という

足利家のお家乗っ取りをたくらんでいる悪い人々がいました。

 

頼兼はふたりからそそのかされて、廓に通う放蕩の日々を送っていました。

その上、高尾太夫という傾城に入れあげ、

それを知った将軍家からなんたることかと隠居を命じられてしまったのでした。

 

そこで、足利家の家督を相続することになったのは

なんとまだまだ幼い鶴千代君であります。

当然、当主のお仕事を務められるはずもありませんので鬼貫弾正らの思うつぼ。

二人はこの鶴千代君を毒殺してしまおうという恐ろしいことを考えていました。

 

その動きを敏感に察知していたのが乳母の政岡です。

強い忠義の心を持つ政岡は、どうにかこの鶴千代君の命をお守りせねばと必死。

鶴千代君は「男の人を見ることを嫌がる病気にかかっているのだ」ということにして

女性しかいない奥御殿にて、政岡を遊び相手に暮らしているのであります。

 

そんな緊迫した状況を思い浮かべながらご覧になりますとわかりやすいかと思います。

次回から「御殿・床下」の本編に入っていきます!

 

今月の幕見席

www.suehiroya-suehiro.com

Copyright © 2013 SuehiroYoshikawa  All Rights Reserved.