歌舞伎ちゃん 二段目

『歌舞伎のある日常を!』 歌舞伎バカ一代、芳川末廣です。歌舞伎学会会員。2013年6月より毎日ブログを更新しております。 「歌舞伎が大好き!」という方や「歌舞伎を見てみたい!」という方のお役に立てればうれしく思います。 mail@suehiroya-suehiro.com

広告

【来たる12日】歌舞伎座・吉例顔見世大歌舞伎 チケット一般発売!

あさって12日は11月の歌舞伎座公演

吉例顔見世大歌舞伎のチケット一般発売日です!

東西の劇場で顔見世がはじまりますと

いよいよ今年もラストスパートだなあという気持ちが高まってまいります。

チケットの確保はお早めに!

公演の詳細

www.kabuki-bito.jp

一般発売日

10月12日(土) 10:00~

【チケットWeb松竹】

会期・上演時間

2019年11月1日(金)~25日(月)

昼の部 11:00~
夜の部 16:30~

貸切:夜の部:23日(土・祝) 

チケット料金

一等席   18000円

二等席   14000円

3階A席    6000円

3階B席    4000円

桟敷席   20000円

みどころ

顔見世」といえば、江戸時代においてはその芝居小屋の一年のはじまりとして

役者陣をずらりと揃えて行う11月の大切な行事でありました。

さまざまな儀式や約束事をともなう一年で最も大切な行事だったのですが、

今はそういったしきたりは失われ、「顔見世」という名前の興行と

その華やかさやにぎにぎしさが残されています。

 

そんな来月の興行で初めての方にもおすすめなのは

昼の部「梅雨小袖昔八丈」かと思います!

こちらの演目は通称・髪結新三(かみゆいしんざ)と呼ばれ、

江戸の市井のワルの生き様を軽妙なタッチで描いたもので

セリフも非常に聞き取りやすく、理解しやすい演目であります。

菊五郎さんの新三は非常にカッコよくしびれますので

今月の「三人吉三巴白浪」で歌舞伎に興味を持たれた方は、

ぜひこちらもご覧になってみてください!

 

また夜の部「菊畑」では、世にもかわいらしい若手女形の梅丸さんが

中村莟玉のお名前を初代として披露されることが発表されています!

代々受け継がれている歌舞伎のお名前は数多ありますが、

初代の披露の場というのはなかなかに貴重かと思います。

この先ご活躍になり、莟玉のお名前をどんどん大きくされていくはずの梅丸さん

最初の一歩の舞台ですので見逃せませんね!

 

そして「連獅子」では、幸四郎さんと美少年で評判の染五郎さん親子が共演なさいます。

記憶にも新しい襲名披露以来の舞台ですので、どのような変化があるか楽しみです。

お美しい若手花形の方々を堪能したい場合には最適な公演ですね!

 

来月の歌舞伎座も見どころたっぷり!

とっても楽しみですね!

Copyright © 2013 SuehiroYoshikawa  All Rights Reserved.