歌舞伎ちゃん 二段目

『歌舞伎のある日常を!』 歌舞伎バカ一代、芳川末廣です。歌舞伎学会会員。2013年6月より毎日ブログを更新しております。 「歌舞伎が大好き!」という方や「歌舞伎を見てみたい!」という方のお役に立てればうれしく思います。 mail@suehiroya-suehiro.com

広告

三人吉三を幕見して…

先日のお話ですが、お仕事帰りに歌舞伎座へ立ち寄りまして

夜の部「三人吉三巴白浪」の偶数日を幕見席で拝見してまいりました。

偶数日といえば松也さんがお嬢吉三をお勤めになっている回であります。

 

その後、梅枝さんがお嬢吉三をお勤めになっている奇数日も

通常のチケットで拝見したのですが、どちらも期待を上回るおもしろさであり、

やはり今回は見比べてみるのがよいのかもなあ…改めてと思った次第であります。

奇数日についてはまた後日感想をしたためたいと思います。

 

ちょうどあすあさっては土日ですし、

偶数日である22日の火曜日は祝日ですので、千穐楽までまだチャンスはあります。

既にどちらかをご覧になった方には、もう片方もぜひにとおすすめしたい気持ちでいっぱいです。

 

今回の奇数日・偶数日の配役替わりに関して内心では、

配役替わりというのは「大幹部 or 若手」の構造でこそ意義があるのではないか…と

懐疑的になっていた節もありました。

しかし同世代の全く異なるタイプのお二人が同じ役をひと月お勤めになり、

少し上の世代のお二人がそれぞれに対し微妙に味わいを変えながら呼応なさっていること、

それらが相乗効果となって芝居のおもしろさを加速させているように思われ、

これはこれで素晴らしいものだと考えを改めました。

 

また以前、ワンピース歌舞伎や新作歌舞伎NARUTOの感想において、

「友情」や「仲間」と歌舞伎の取り合わせになかなか慣れないと申しましたが

あぁ三人吉三を忘れていたなあと大いに反省いたしました。

友情とはまた微妙にニュアンスが異なるように思いますが

それぞれの人物の思いが大きな渦のようになって高まっていく、

男たちの群像劇としての魅力を再発見した次第であります。

 

千穐楽までにもう一度、偶数・奇数を見比べて拝見したいものだなあと思っております。

立て込んでおり叶うかわかりませんが、なんとか試行錯誤してみたいと思います。

今月の幕見席

www.suehiroya-suehiro.com

Copyright © 2013 SuehiroYoshikawa  All Rights Reserved.