歌舞伎ちゃん 二段目

『歌舞伎のある日常を!』 歌舞伎バカ一代、芳川末廣です。歌舞伎学会会員。2013年6月より毎日ブログを更新しております。 「歌舞伎が大好き!」という方や「歌舞伎を見てみたい!」という方のお役に立てればうれしく思います。 mail@suehiroya-suehiro.com

広告

やさしい菅原伝授手習鑑 加茂堤 ざっくりとしたあらすじ①

ただいま歌舞伎座で上演中の二月大歌舞伎

十三代片岡仁左衛門二十七回忌追善狂言として上演されている

昼の部「菅原伝授手習鑑」は、三大狂言のひとつに数えられる名作中の名作です。

 

今月上演されているのは全五段にもなる長い物語の前半「加茂堤」「筆法伝授」「道明寺」の場面。

前回の上演は5年前ですので激レアというわけでもないけれども、比較的上演頻度は低めな場面といってよいかと思います。

と申しますのも、物語の後半に置かれているクライマックス「寺子屋」の場面の上演頻度が尋常でなく、

年に一度はどこかしらで上演されると言っても過言ではないのです。

 

歌舞伎の興行スタイルでは、この物語の事情は皆さんお馴染みなはず…という前提で、

いきなりクライマックスだけが上演されることが多くなっています。

それでも感動でき、なんかよくわからないがすごいぞ…!と思えるのも歌舞伎の醍醐味ではあるものの、

今月せっかく上演されているのですから、ぜひ全体の事情を把握していただきたいと思いました。

というわけで少し時間をかけまして「加茂堤」「筆法伝授」「道明寺」のあらすじをお話してまいります。

何らかのお役に立てればうれしく思います!

のどかな加茂堤が全ての発端に

そもそも菅原伝授手習鑑(すがわらでんじゅてならいかがみ)とは、

1746年8月に人形浄瑠璃として初演されて人気となり、その翌月に歌舞伎化された演目。

天神様としておなじみ菅原道真の太宰府左遷と、

道真に大恩を受けた三つ子松王丸桜丸梅王丸の思いをからめつつ

さまざまな形での悲しい「親子の別れ」を描き出しています。

全五段のなかで繰り広げられる数々の悲しみの発端となってしまうのが

一見のどかでほのぼのとした加茂堤の場面であります。

 

舞台は春のうららかな加茂堤…牛車が一台停められています。

加茂堤は現在の京都鴨川、川幅の広い清らかなる川であります。

梅の花がちらほらと咲き、牛車を引いてきた牛がのんびりと一休みしていて、

これから菅原道真の物語が始まるんだなあと予感させるような美しい大道具です。

 

現在、帝がご病気ゆえ、加茂明神にて病気平癒のお祈りがあるという日。

この牛車の牛飼を主に任されている舎人・桜丸(さくらまる)が、

牛車のもとへ駆けつけてなにやらいそいそと人払いをするところから場面は始まります。

 

この牛車の中には、やんごとなきお方が乗っています。

桜丸の主人である斎世(ときよ)親王。醍醐天皇の弟君であります。

桜丸が合図をすると、妻の八重(やえ)苅屋姫(かりやひめ)を伴って

いかにも秘密のありそうな、人目を忍ぶようすでやってきました。

 

苅屋姫というのは物語の軸となる人物・菅丞相(かんしょうじょう)=菅原道真の養女です。

菅丞相さまは桜丸にとって、大恩人中の大恩人。

お百姓の四郎九郎さんのおうちに生まれた珍しい三つ子梅王丸松王丸桜丸を、

縁起が良いからと高貴な方の側で働く牛飼舎人へと取り立ててくださった方、

そして父の四郎九郎さんを大切なる木の守り人として雇用してくださった方…

三兄弟とお父さんにとっては何者にも替えがたい恩義のある方であり、

そればかりでなく高潔なる人格者で、何をおいても尊敬すべき方なのであります。

 

 

そんな大恩人の大切なご令嬢・苅屋姫さまと主人の斎世親王は、

かねてより想いあう仲なのでありますが二人ともまだお若く、

もどかしい恋でなかなか進展しません…

 

ラブラブな桜丸八重夫婦の頭のなかは、

若いふたりの恋がうまくいくといいね、二人きりの時間を作ってあげようよ、

というウキウキとした親切心でいっぱいのようで、

こっそりと逢引のチャンスを作ってあげたのであります。

苅屋姫さまと斎世親王をふたりきりで牛車に乗せた夫婦は

セクシーな冗談などを連発しながら先回りしていろいろと世話を焼こうとし、

八重は何を思ってか手を洗うための水を汲みに出かけていきました…

 

と、そんなおもしろげなところへ、

意地の悪そうなお公家さんが何かを嗅ぎつけて駆けつけてきたのです!

どうするどうする桜丸というところで次回に続きます。

参考文献:新版歌舞伎事典/歌舞伎オンステージ 菅原伝授手習鑑

今月の幕見席

www.suehiroya-suehiro.com

Copyright © 2013 SuehiroYoshikawa  All Rights Reserved.