歌舞伎ちゃん 二段目

『歌舞伎のある日常を!』 歌舞伎バカ一代、芳川末廣です。歌舞伎学会会員。2013年6月より毎日ブログを更新しております。 「歌舞伎が大好き!」という方や「歌舞伎を見てみたい!」という方のお役に立てればうれしく思います。 mail@suehiroya-suehiro.com

広告

【うちで過ごそう】youtubeで三月大歌舞伎 高坏を拝見して…

緊急事態宣言が発令されてしばらく経ちますが、みなさまいかがお過ごしでしょうか?

すえひろはといえば、松竹チャンネルや国立劇場チャンネルで無料公開されている動画をむさぼるように拝見しながら日々を過ごしております。

このような日々にあって歌舞伎を見ることができるよろこびたるや尋常でなく、無観客にて収録を行い芝居の映像を届けてくださったことには、ただただ感謝の思いでいっぱいです。

せっかくですので毎月劇場へ出かけていた時と同じように、備忘録として感想を残していきたいと思います!

三月大歌舞伎 高坏

今回は三月大歌舞伎夜の部に上演されるはずであった幸四郎さんの「高坏」の感想を…

高坏」は大正から昭和にかけて活躍し舞踊の名手としても知られる名優・六代目菊五郎が、アメリカで流行していたタップダンスを歌舞伎舞踊に取り入れてしまったという大変愉快な作品です。

 

近ごろ人気漫画の歌舞伎化などで「まさかのコラボ」という文言がよく見られますが、この演目も当時においては「まさかのコラボ」でいささか奇抜だったのかもしれません。しばらく上演が絶えていたところを、十七代目勘三郎が再演して現在まで続いています。

「高下駄でのタップ」というおもしろさは世代や言語を越えて楽しめるものですから、歌舞伎が初めての方や、お子さま、外国の方などにも非常におすすめの演目です。

 

今回は無観客収録のため当然拍手の音や歓声も入らず、高下駄でのタップの音が非常によく聞こえますね!

タン!と強く踏み鳴らす音だけではなくて、擦ったり、タカタカと細かく鳴らす音まで鮮明です。それがおもしろくって、イヤホンで聞きなおしてうっとりいたしました。

外国の方にとって、規則的なリズムなしにこういったグルーブ感が見事に生み出されていくさまは非常に新鮮に感じられるかもしれません。このyoutube動画が世界中に広くシェアされていたらと良いなあと思います。

 

桜が見事に咲き誇った舞台の上で次郎冠者が酒に酔って浮かれながら踊るようすを拝見しておりますと、今年はできなかったお花見を堪能しているようで、気持ちが晴れやかになります。

これは何度言っても仕方のない、どうしようもないことで、愚痴になってしまうのですが、ああこれを三月のうららかな陽気に歌舞伎座の客席で見ていたらどんなに良い心持になったことであろうか…とつくづく思われました。

 

 

そしてみなさまの間ではもうすでに話題になっていることかもしれませんが、

動画の26分58秒ごろの幸四郎さんのお顔がたまらないですよね…

カメラ目線のように見える一瞬がありますよね…?

あまりの可愛らしさと色っぽさに画面の前でハッとして、ドドドと心拍数が上がってしまいました…!

 

なんだかこの一瞬で一気にライブ感が増したと申しますか、まるで劇場にいるかのような感覚を覚えて幸せな気持ちになりました…幸四郎さんはもとより編集の方にも感謝申し上げたいです。

一体何の話かと思われた方は、ぜひチェックなさってみてくださいませ。

 

高坏」の配信は4月26日(日)23:59:59まで。

せっかくの機会、どんどんシェアして楽しいおうち時間を過ごしましょう!

www.youtube.com

Copyright © 2013 SuehiroYoshikawa  All Rights Reserved.