歌舞伎ちゃん 二段目

『歌舞伎のある日常を!』 歌舞伎バカ一代、芳川末廣です。歌舞伎学会会員。2013年6月より毎日ブログを更新しております。 「歌舞伎が大好き!」という方や「歌舞伎を見てみたい!」という方のお役に立てればうれしく思います。 mail@suehiroya-suehiro.com

広告

【うちで過ごそう】youtubeで三月大歌舞伎 梶原平三誉石切を拝見して…

緊急事態宣言が発令されてしばらく経ちますが、みなさまいかがお過ごしでしょうか?

すえひろはといえば、松竹チャンネルや国立劇場チャンネルで無料公開されている動画をむさぼるように拝見しながら日々を過ごしております。

このような日々にあって歌舞伎を見ることができるよろこびたるや尋常でなく、無観客にて収録を行い芝居の映像を届けてくださったことには、ただただ感謝の思いでいっぱいです。

せっかくですので毎月劇場へ出かけていた時と同じように、備忘録として感想を残していきたいと思います!

三月大歌舞伎 梶原平三誉石切

今回は三月大歌舞伎夜の部に上演されるはずであった「梶原平三誉石切」の感想を…

梶原平三誉石切」は、平家方のさむらい梶原平三景時が源氏の素性を隠した父娘が持参した家伝来の刀を目利きして云々…というお話であります。

しかしそういった物語的展開をふむふむと味わって楽しむというよりは、役者さんのカッコよさなどをひたすらに味わいつつ、どっかんどっかんと繰り出されるお約束の数々をおおらかに楽しむといった演目かと思います。

白鸚さんの梶原平三景時に独特のクールな雰囲気を感じてしびれるとともに、錦之助さんが赤っ面をお勤めになっていることにも驚いて二度見、発見満載の一幕でありました。

 

石切梶原では、手水鉢がスッパリと切れるという名場面のあと六郎太夫と梶原平三の「切り手も切り手」「剣も剣」という掛け合いに続いて、\役者も役者/という大向こうがかかることがあります。

それがちょうどよいところに入りますと絶妙なグルーブ感が醸し出され、最高にスカッとするたまらない幕切れとなるのですが、今回はもちろんその声はなく、とても寂しい思いがいたしました。

そこで、こここそベストタイミングと思われるところで\役者も役者/を脳内再生しようとしてみましたがなかなかうまくいかず、いやーなんて難しいものなのだろう!と驚き入り、プロフェッショナルの技のすさまじさを再認識した次第であります。

大向こうの方の声が聞こえる歌舞伎座が待ち遠しい限りです。

 

そしてちょうど本日、NHKニュースに白鸚さんのコメントが掲載されていました!

www3.nhk.or.jp

NHKニュースのサイトは割と掲載期間が短いため、コメント部分を下記に転載させていただきます。

「私は3月、お客様が一人もいらっしゃらない歌舞伎座でいつものとおり一所懸命勤めました。それが私ども歌舞伎俳優の、できる勤めのすべてだと思っております。一日も早い終息を祈るとともに、また劇場で皆様とお会いできる日をせつに望んでおります」

出典:NHKニュース 2020年4月22日 5時50分

このお言葉を読んでいたら、空っぽの歌舞伎座でそれぞれの役どころをお勤めになっている歌舞伎役者の方々の姿がありありと目に浮かび、涙が出てきてしまいました。

私も歌舞伎ファンの端くれとしてまた劇場でお芝居を拝見できる日をせつに望んでおります…!!

 

梶原平三誉石切」の配信は4月26日(日)23:59:59まで。

せっかくの機会、どんどんシェアして楽しいおうち時間を過ごしましょう!

www.youtube.com

Copyright © 2013 SuehiroYoshikawa  All Rights Reserved.