歌舞伎ちゃん 二段目

『歌舞伎のある日常を!』 歌舞伎バカ一代、芳川末廣です。歌舞伎学会会員。2013年6月より毎日ブログを更新しております。 「歌舞伎が大好き!」という方や「歌舞伎を見てみたい!」という方のお役に立てればうれしく思います。 mail@suehiroya-suehiro.com

広告

【うちで過ごそう】youtubeで国立劇場 義経千本桜Aプロを拝見して…

緊急事態宣言が発令されてしばらく経ちますが、みなさまいかがお過ごしでしょうか?

すえひろはといえば、松竹チャンネルや国立劇場チャンネルで無料公開されている動画をむさぼるように拝見しながら日々を過ごしております。

このような日々にあって歌舞伎を見ることができるよろこびたるや尋常でなく、無観客にて収録を行い芝居の映像を届けてくださったことには、ただただ感謝の思いでいっぱいです。

せっかくですので毎月劇場へ出かけていた時と同じように、備忘録として感想を残していきたいと思います!

国立劇場 義経千本桜Aプロ

今回は国立劇場の3月歌舞伎公演で上演されるはずであった「義経千本桜 Aプロ」の感想を…

三大狂言のひとつに数えられる名作中の名作「義経千本桜」の三つの大役すべてを菊之助さんが通してお勤めになるという、大変に記念すべき公演でありました。42歳とお若く体力もあり、今後のご活躍を楽しみにするうえで絶妙なタイミングでもありました。

 

そして菊之助さん以外の出演者の方々にとっても、大作の大きな役を人によっては何役もお勤めになる貴重な機会のはずでした。きっと大きな評判を呼び、劇場ロビーはわいわいと賑わい、何年にもわたって語り継がれるはずであったと思われます。

悔しくて悔しくて仕方がありませんが、小劇場での上演であったところを期せずしてこうした形でたくさんの方の目に触れることが叶った、思い出を話し合える方が増えたと前向きにとらえたいところであります。

 

Aプロの内容は荒事の狐忠信が登場する「鳥居前」と、新中納言知盛が壮絶な最期を遂げる「渡海屋・大物浦」。どちらも菊之助さんのイメージとは異なる演目でありますが素晴らしく、時折映像が途切れてしまう点にも負けずに夢中で拝見しました…小劇場のサイズ感も相まって迫力満点でありました。

 

鳥居前」の狐忠信はひとつひとつの形の美しさが際立っていて、PCのモニターで拝見していたものですから、なんだかCGでモデリングした精巧なアバターを見ているようでありました(変な表現ですみません、猛烈な流麗さが伝わるでしょうか…)

そして楽しみにしていた「渡海屋・大物浦

吉右衛門さんの教えである菊之助さんの知盛は、本当に良い意味で日ごろの美しさが吹き飛んでいるように思われ…まさしく絶命間近な大迫力の荒武者であるさまがビシバシと伝わってきました。

梅枝さんの典侍局も素晴らしく、「いかに八大竜王恒河のうろくず安徳帝の御幸なるぞ、守護し給え」の部分の凛とした風格など圧倒されました…。

いろいろと申しましたがやはり本音を言えば生で、肉眼で拝見したいですね…とにもかくにも。。この配役で再び上演があることを心から願っております…

 

以前もお話いたしましたが、今回の公演の筋書・上演台本・上演資料集は、オンラインにて購入可能です!

国立劇場売店の文化堂 - Yahoo!ショッピング

幻となってしまった公演、筋書だけでも手元に置いておけるというのは本当にうれしい限りですね。このすえひろも購入いたしましたが、一冊一冊を丁寧に梱包のうえ桜などのかわいらしいマスキングテープで封がしてあり、あたたかみを感じました。感謝感謝であります。

このような状況下ではオンライン注文も心苦しく思われ、全国のオンライン販売担当の方に対し頭が下がる思いです…ありがとうございます。

 

国立劇場 義経千本桜 Aプロ」の配信は4月30日(木)15時まで。

せっかくの機会、どんどんシェアして楽しいおうち時間を過ごしましょう!

チャンネル:国立劇場

動画タイトル:【期間限定】国立劇場 歌舞伎『義経千本桜』Aプロ 鳥居前・渡海屋・大物浦  KABUKI “Yoshitsune Senbon Zakura” Program A

Copyright © 2013 SuehiroYoshikawa  All Rights Reserved.