歌舞伎ちゃん 二段目

『歌舞伎のある日常を!』 歌舞伎バカ一代、芳川末廣です。歌舞伎学会会員。2013年6月より毎日ブログを更新しております。 「歌舞伎が大好き!」という方や「歌舞伎を見てみたい!」という方のお役に立てればうれしく思います。 mail@suehiroya-suehiro.com

広告

やさしい与話情浮名横櫛 その六 ざっくりとしたあらすじ⑤

先日いよいよ開幕した八月花形歌舞伎!待ちに待った再開であります。

先月より第四部「与話情浮名横櫛」について少しずつお話しております。

感染予防の観点から今回は筋書の販売が行われず、簡易版の配布のみになっていましたので、今回初めてご覧になる方にとって何らかのお役に立てればうれしく思います。

イヤサお富久しぶりだなァ

与話情浮名横櫛(よわなさけうきなのよこぐし)

1853年(嘉永6)1月 江戸・中村座で初演された、三代目瀬川如皐作のお芝居です。

ごく簡単に流れのみお話いたしますと、こういったものです。

①商家の若旦那・与三郎が、いい女・お富と運命の恋に落ちる

②しかし、実はお富は、危険な筋の男・赤間源左衛門の女であった

③デートの現場に乗り込まれた与三郎は刃物でメタメタに切られ、お富は海に身を投げて命を落とした

④数年が経ち、傷だらけの与三郎は落ちぶれ、ならず者となってしまった

⑤ある日与三郎が強請りたかりで入った家に、死んだはずのお富。なんとお富は、違う男の妾になって囲われていた…!

 

江戸時代の人にとっての現代劇ともいえる「世話物」と呼ばれるジャンルの演目で、現代人にとってもセリフが聞き取りやすく内容も理解しやすいものではあるものの、せっかくですからあらすじをお話してみたいと思います。

今回の公演では主に⑤にあたる場面が上演されますが、よりわかりやすくなるよう①からごく簡単にお話しております。また舞台の上で起こることが前後したり、上演のタイミングや配役によって細部が少しずつ変わることがあります。その点ご容赦願いたく存じます。

www.suehiroya-suehiro.com

 

④では、与三郎とお富が再会を果たす名場面についてお話いたしました。和泉屋多左衛門の妾とは名ばかりで実際は肉体関係にはないというお富の弁解に納得しない与三郎、まさに修羅場…という状態のところへ、和泉屋多左衛門が帰宅してくるという波乱の展開であります。

サラッとした物語を長々とお話してしまいましたが今回であらすじは終わりますので、お付き合いいただければ幸いです!

 

お富を追いつめる与三郎と蝙蝠安。そんなところへとうの多左衛門が玄関先に現れ、粛々と帰宅してきました。蝙蝠安はお父さんが和泉屋にお世話になっていたという因縁があったため、和泉屋の一番番頭である多左衛門の顔を見てのでひとり戦慄します。

多左衛門は大物のようで、与三郎は一体誰なのか、お富が何かしたのかと、落ち着き払って質問を重ね、お富はとっさに「身寄りの者で…」となど言ってその場を収めようとします。

 

しかし与三郎の熱量はなかなか落ち着かず、男女の仲なのかどうか、そうでないとすればなぜ世話を焼くのか多左衛門をどうしても追及したいようです。

そのようすを見た多左衛門は、本当に男女の仲ではないということを釈明したうえで「お富の兄さんということなら、どうかこのお金で商売でも始めて、堅気になってください」と、まとまったお金を渡して与三郎と蝙蝠安を帰らせます。

 

ようやく帰った…というところで、多左衛門に店に戻る用事が。

ゆきがけ、お富になにやら小さな守り袋を渡して店に戻ってゆきました。

 

なんだろう…とお富が守り袋を開きますと、その中身は臍の緒書。

臍の雄書きは「実は生き別れた肉親であった」ということを表すときによく出てくる演出でありまして、つまり「お富と多左衛門が生き別れの兄妹であった」ということが明らかになります。

そういったわけで多左衛門は、肉体関係を持たずにお富の生活の面倒を見、おそらく恋人であろう男にまとまったお金をやり、堅気になって暮らせよと告げて帰っていったようです。なんと良いお兄さんでしょうか。

 

それらを察したお富がハッ…!!と驚き入るところへ与三郎が現れ、情報を共有。

お兄さんありがとう…!!というところで、与話情浮名横櫛は幕となります。

 

ねちねちとお話してしまいましたが、実際はすっきりとしたカッコいいお芝居であり、普遍性のあるラブストーリーでもあるため、大変人気のある演目です。

今回さまざまな事情で歌舞伎座へお出かけになれない方も大勢おいでのことと思いますが、上演頻度が比較的高い演目ですので数年のうちに必ず上演があるはずです。ともに楽しみに待ち望みましょう。

参考文献:新版歌舞伎事典/歌舞伎オンステージ 与話情浮名横櫛

Copyright © 2013 SuehiroYoshikawa  All Rights Reserved.