歌舞伎ちゃん 二段目

『歌舞伎のある日常を!』 歌舞伎バカ一代、芳川末廣です。歌舞伎学会会員。2013年6月より毎日ブログを更新しております。 「歌舞伎が大好き!」という方や「歌舞伎を見てみたい!」という方のお役に立てればうれしく思います。 mail@suehiroya-suehiro.com

広告

【来たる14日】歌舞伎座・九月大歌舞伎 チケット一般発売!

あさって15日は9月の歌舞伎座公演

九月大歌舞伎のチケット一般発売日です!

二月いらい実に半年ぶりの「大歌舞伎」、配役も大変豪華です…!まだ毎月の公演には戻らないのではないかと心配しておりましたので、本当にうれしく感無量であります…!

公演の詳細

www.kabuki-bito.jp

一般発売日

8月14日(金)10:00~

【チケットWeb松竹】

会期・上演時間

2020年9月1日(火)~26日(土)

第一部 11:00~
第二部 13:40~
第三部 16:15~
第四部 19:15~

休演日:7日(月)、17日(木)

チケット料金

一等席 8,000円
二等席 5,000円
3階席   3,000円

1階2階桟敷席・4階幕見席はなし

みどころ

歌舞伎座の感染対策についてご心配なさっている方もおいでかと思いますので、まずは私が実際に出かけてきた際の記事をご紹介しておきます。すべてをチェックして周ったわけではありませんが、何らかのお役に立てれば幸いです。

www.suehiroya-suehiro.com

また、先日はこのようなこともありました。もし遠征なさる方は感染リスクに加え、こういった可能性をぜひ念頭に置かれると良いかと思います。

www.suehiroya-suehiro.com

感染の広がりぶりを見るに「絶対大丈夫!ぜひ出かけましょう!」とは言えない状況にありますが、歌舞伎座はあらゆる可能性を想定した上本当に慎重に興行をなさっているように個人的には感じております。

迎えてくださる方々の覚悟にこたえるため私たち観客の側でも体調を万全に整え、少しでもおかしいなと感じる時には決して劇場へ出かけないよう徹底しなければと思います。そうした心がけが、劇場を守り興行の継続を支えることにもつながるのではないかと考えております。

 

さて今回の公演も幕間なしの各部総入れ替えのスタイルが続きます。チケット一枚につき一つの幕のみを見るというものです。今回初めて歌舞伎をご覧になる方もおいでかもしれませんので、一つずつ一言でポイントをご紹介したいと思います!

第一部 寿曽我対面

いろいろな隈取・衣装の人が登場するザ歌舞伎という様式的なお芝居

出演:梅玉さん・松緑さん・錦之助さん

第二部 色彩間苅豆

美女の顔が祟りによって変貌する悲恋の怪談系舞踊劇

出演:幸四郎さん・猿之助さん

第三部 双蝶々曲輪日記ー引窓

桜満開の吉野山を「さむらい実は狐」と静御前が旅する舞踊

出演:吉右衛門さん・菊之助さん・雀右衛門さん・東蔵さん

第四部 映像×舞踊 特別公演 口上・鷺娘

白鷺の姿で恋心をさまざまに表現するドラマチックかつ幻想的な舞踊

主な出演:玉三郎さん

 

…といった具合であります。今月も古典の人気演目ぞろいでどの幕もおすすめでありますが、このすえひろが個人的に特におすすめしたいのは第三部でしょうか。

出世してようやく郷代官の地位につくことができた南与兵衛という男が、初仕事として人を殺めた力士・濡髪長五郎を捕まえることになった。しかしその濡髪は、与兵衛の育ての母・お幸が再婚前に生んで養子に出していた実の子であった…さあ与兵衛はどうするという人間ドラマです。

9月の歌舞伎座では初代吉右衛門の芸を顕彰する「秀山祭」が開催されていましたが、今年はこの第三部で秀山ゆかりの演目「引窓」が上演されるそうです。ご出演はもちろん当代吉右衛門さんであります。菊之助さんの与兵衛とのご共演もたのしみです!

 

Copyright © 2013 SuehiroYoshikawa  All Rights Reserved.