歌舞伎ちゃん 二段目

『歌舞伎のある日常を!』 歌舞伎バカ一代、芳川末廣です。歌舞伎学会会員・国際浮世絵学会会員。2013年6月より毎日ブログを更新しております。 「歌舞伎が大好き!」という方や「歌舞伎を見てみたい!」という方のお役に立てればうれしく思います。 mail@suehiroya-suehiro.com

広告

本日・歌舞伎座 六月大歌舞伎 千穐楽!2024年6月

本日、24日は歌舞伎座 六月大歌舞伎の千穐楽でしたね!おめでとうございます!

※写真は過去のものです

時蔵襲名の妹背山婦女庭訓

残念ながら本日は歌舞伎座へ出かけることができませんでしたが、この週末に舞台の間近で昼の部を拝見する機会を得ました。先日の感想に時蔵さんの舞台への感動を抽象的に書いてしまいましたので、具体的な事柄を書いておきたいと思います。

 

今回の妹背山婦女庭訓 三笠山御殿は、時蔵さんのお三輪に萬壽さんの求女、七之助さんの橘姫、松緑さんの鱶七という襲名披露らしい配役。上演時間が短く感じるような見応えある一幕でした。

時蔵さんのお三輪は動きがとにかく細やかで、体内にピンと張られた糸が入っているかのように動いているようすが本当に感動的です。関節が普通の人間より多いのではないか?と思ってしまうほどに。竹本の語りと三味線によく連動して、まさに文楽の人形のようです。

 

そんなお三輪に引き込まれて浄瑠璃の世界に没頭し、今までに見えていなかったものが見えるようになりました。「ちちち、千箱の玉…」というセリフのあたりの身体と顔の動き、そこにポロリポロリという三味線の音が合わさり、お三輪の頬に涙がこぼれ落ちていくように見えたのです。

本当に涙が見えるわけではないのにそう見えるというのは、恐らく先人の考えた演出効果なのではないかと思われ、時蔵さんがそれをきっちりとお勤めになっているのだろうなと想像されました。義太夫狂言の細かな動きの中にはきっと見逃しているものが数多くあり、この先の芝居体験で発見するのが心から楽しみになりました。

 

また襲名披露の舞台らしく仁左衛門さんが豆腐買おむらをお勤めで、梅枝さんの娘おひろを連れての劇中口上がありました。仁左衛門さんはまさしく梅枝さん瓜二つの三代目時蔵をご存知なわけですから、この三代襲名を感慨深く思われているのだろうということがお話の端々から窺えます。

仁左衛門さんの女形はなかなか見られませんので、客席も湧いていましたね!ちょっとした仕草や、「なんじゃやら」とおっしゃったときの声質、セリフまわしなどから秀太郎さんのことを思い出し、懐かしくてたまりませんでした。やはりご兄弟だなあと思います。

 

そしてなんといっても今回客席が盛り上がっていたのは、時蔵さんのご親戚一同によるいじめの官女ですね!時蔵さんの弟君の萬太郎さんに、歌六さん又五郎さん、錦之助さん獅童さん、歌昇さん種之助さん隼人さん…という、まるで小川家の会合のようなお顔触れでした。

全員少しずつお顔が似ていらっしゃるので、三代目時蔵そのもののような新時蔵さんを中心としたDNAのグラデーション図を見るようで、このような舞台体験は世界中を探してもなかなか体験できないだろうなあと非常にワクワク心が躍ります。

 

二階から拝見している時は気が付かなかったのですが、間近で拝見すると、皆さまなんだか本当にとっても楽しそうで。時折笑いを堪えながらお勤めになっていたんだなあとほっこりしました。まさに笑ってはいけない三笠山御殿と申しますか。(こんなに愉快な状況のなか時蔵さんは全くペースを崩しておられずそこも驚きました)

いじめられる時蔵さんのお三輪は本当に憐れで憐れで悲しくなってしまうのですが、いじめの官女が楽しそうなご親戚で、お祝いのためにこうして駆けつけていじめているのだというおかしみのフィルターを通すことでかなり気持ちが軽くなり、明るく拝見することができました。

 

そんないじめの官女のくだりの後にある、「今朝かかさんに結うてもろうたこの髪(細部はうろ覚えです)」という一言が、私にはいつもたまらなく悲しく感じられます。

ああこのお三輪にも、彼女の帰りを待っている親があるんだと。まさか娘がこんな目に遭うとは思わず、かわいく髪を結ってあげたんだなと。母娘のあたたかな朝の風景が浮かんでくるような一言があまりにも悲しくて、変なタイミングかもしれませんがボロボロと泣いてしまうのですよね。

あぁ、求女のことなんてもう放って早く家に帰ってくれ…どうでもいいじゃないか…という客席の私の切なる願いもむなしく、目の前のお三輪は激情に動かされてしまうというのがドラマですね。

 

お三輪の見どころといえばやはり花道での疑着の相ですが、こちらも本当にすさまじかったです…。

背筋や手がブルブルと震え、口がみるみる歪み、目のなかには別の魂が宿っていくかのような。いわゆる「疑着の相」の恐ろしい形相になるまでに、何段階も何段階も細かな表情を経ているのがつぶさに見てとれました。

かかさんに結うてもろうた髪を壊されて怒っていたお三輪とは全く違う情念の火が目の前で着火したようで、ゾッと背筋が凍るような体験でした。ほんの少し前までどうにかして家に帰してあげたいと思ったお三輪が、ああこの人はもう止められない…と悟らざるを得ないほどの情念の塊に変わってしまうのですよね。

 

お三輪がかわいそうで見たくない…理不尽すぎて好きじゃない…と思っていた演目でしたが、実は芝居の中に細かな変化が張り巡らされていて、「そうなるしかなかった」という納得のいく結末に到達しているのだと、時蔵さんのお三輪を拝見して初めて思いました。すさまじい体験でした。

次に時蔵さんのお三輪を拝見できるのが何年後かわかりませんが、観客としてもぜひ長い時間をかけてこの芝居を噛みしめたいと思った次第です。

Copyright © 2013 SuehiroYoshikawa  All Rights Reserved.