歌舞伎ちゃん 二段目

『歌舞伎のある日常を!』 歌舞伎バカ一代、芳川末廣です。 歌舞伎歴10年の20代。2013年6月より毎日ブログを更新しております。 「歌舞伎が大好き!」という方や「歌舞伎を見てみたい!」という方のお役に立てればうれしく思います。 mail@suehiroya-suehiro.com

広告

歌舞伎座裏の新グルメ!タヌキがかわいい【花山うどん】の鬼ひも川うどん

歌舞伎座へのお出かけでは、銀座でのたのしいお食事も楽しみのひとつではないでしょうか(人'v`*)

 

お酒も飲まずグルメでもないこのすえひろはといえば、

ついつい芝居優先・効率重視の食事になってしまい、幕間や芝居の前後にパパッと食べることのできるそば・うどんのお店に助けられております。

 

歌舞伎座近くで手軽にお茶や食事を済ませたい、というと

カフェチェーンや蕎麦・牛丼などのお店が並ぶ歌舞伎座裏側のエリアが穴場なのですが、

そんな歌舞伎座裏エリアに新たなお店がオープンしていました!

f:id:suehirochan:20161028202811j:image

五代目 花山うどん

という黄金に輝く立派な看板が掲げられたこのお店。 

真新しい店内には美しい壁画が施され、女性でも気軽に入れそうな雰囲気です!

 

しかもこの花山うどんは

「鬼ひも川うどん」なるものが名物のようです・・・

鬼・・・(・_・;)

鬼とは辛いという意味なのか、それとも最上級の表現なのか、確かめたくなってきます。

この「鬼」という表現に惹かれ、

鬼ひも川うどんの「麦豚の肉かけ」というメニューを注文してみました。

f:id:suehirochan:20161028212650j:image

とっても可愛らしい狸の器と、おいしそうな香りがたまりません(n´v`n)

尋常ならざる麺の幅、おわかりいただけるでしょうか!?

お箸でつかむのが難しいほどの猛烈な麺の幅、「鬼」とはこういうことかと納得いたしました。

お出汁とお肉の甘みがモチモチの鬼ひも川うどんと絡まり、やさしい味わいがたまらぬ美味しさでしたヽ(。>▽<。)ノ

 

鬼食べ応えのあるうどんでしたので、うっかり芝居の前に食べてしまうとうとうとしてしまうかな…と心配です(*´艸`)

23時まで営業(22時L.O)とのことですから、芝居の帰りにぴったりですね!

詳細はこちら

www.hanayamaudon.co.jp

たぬきの食器は今はやりのインスタグラムでも人気が出そうです。

芝居の思い出に、ぜひお出かけください(人'v`*)

アクセス

Copyright © 2013 SuehiroYoshikawa  All Rights Reserved.