歌舞伎ちゃん 二段目

『歌舞伎のある日常を!』 歌舞伎バカ一代、芳川末廣です。歌舞伎学会会員。2013年6月より毎日ブログを更新しております。 「歌舞伎が大好き!」という方や「歌舞伎を見てみたい!」という方のお役に立てればうれしく思います。 mail@suehiroya-suehiro.com

広告

やさしい盛綱陣屋 その六 ざっくりとしたあらすじ⑤

ただいま歌舞伎座で上演されている

三月大歌舞伎

夜の部「盛綱陣屋」は数ある演目の中でも名作として知られていますので、

この機会に少しばかりお話したいと思います。

芝居見物の楽しみのお役に立てれば幸いです!

高綱の贋首に盛綱は…?

盛綱陣屋(もりつなじんや)は正式な題名を

近江源氏先陣館(おうみげんじせんじんやかた)といって、

1769年(明和6年)の12月に大坂は竹本座で初演された人形浄瑠璃の演目です。

歌舞伎ではその翌年の1770年(明和6年)5月に、同じく大坂にて初演されています。

 

芝居の設定は鎌倉時代でありながら実は大坂の陣を描いたものであり

佐々木盛綱・高綱兄弟は真田信幸・幸村兄弟を、

北条時政は徳川家康をモデルとしているというお話はいたしましたが、

初めてご覧になる場合は少し複雑かと思われますので、

ざっくりとしたあらすじをお話しております。

 

その五では高綱が討たれたとの知らせがあり、

北条時政の前で盛綱が首実検を行っているところ

突然小四郎くんが切腹してしまうというところまでお話いたしました。

 

小四郎くんの突然の行動に動揺する盛綱でしたが、

さらに驚くべきことが起こっています。

実はこの首、高綱のものではないのです…

なぜだ…?と盛綱は考えます。

 

和田兵衛秀盛が突然やってきて無茶を言ってきたこと、

小四郎くんが自害してしまったこと、

そしてこの贋首…

 

今日起こったこれらの不審な出来事を総合して考え、

盛綱は「高綱の首に相違ない」と宣言。

それを聞いた時政は大喜びで陣屋を後にしました。

 

なぜ盛綱は嘘をついたのでしょうか?

この場面で虚偽の証言をするというのは主君への裏切りであり、

さむらいの世界では命を捨てなければならない決断です。

 

盛綱にそれほどの覚悟を決めさせたのは、

ひとえに甥っ子である幼い小四郎くんの健気さであります。

小四郎くんは贋首を本物の高綱の首であると信じ込ませるために、

わざと父を追うようにして自害したのでした…

さむらいの世界では大変立派な行いをこのような幼さで成し遂げたのです。

盛綱はまた、我が子の小四郎をも犠牲にして再起を図ろうとする

弟の高綱のさむらいとしての心と才知にも感激しているのです。

 

盛綱は隠れていたお母さんの篝火さんを呼んで

小四郎くんのいまわの際に立ち合わせてあげます。

そして、自分自身はやはり時政に仕える心ではあるのだけれども、

二人には心を動かされた、と大いにほめてあげるのでした。

 

そうしたさむらいの人の目線でどんなにほめられようとも、

このような形で今にも息絶えんとしている小四郎くんの姿は、

微妙さん篝火さん早瀬さんにとってはこの上なく苦しいものでした。

 

幼い命を失い敵味方に別れてしまった親族が悲しみに包まれ、

盛綱はこの嘘の責任を取って腹を切ろうと覚悟を極めるところ、

先ほど時政の陣屋に直談判に行ったはずの和田兵衛秀盛が現れます。

和田兵衛はなぜか鉄砲を持っており、

盛綱時政から褒美に受け取った鎧びつを撃ち抜きました。

 

中からギャーと転がり出てきたのは、

なんと時政が仕掛けていたスパイでした!

疑い深い時政は、盛綱が裏切ることを想定してこのような準備をしていたのです。

 

和田兵衛は、

「いま腹を切ってしまっては高綱の計略が無駄になってしまう。

高綱が再び兵を挙げ贋首と発覚してから死んでも遅くはないぞ」

盛綱を諭し、二人は戦場での再会を誓うのでした。

 

…と、

ここまでで「盛綱陣屋」は幕となります!

 

さむらいの世界を生きる家族の悲しみが、

これでもかと感じられるお芝居であります。

現代の感覚ではとても考えられないようなことばかりなのですが、

それでいて心を打つのが歌舞伎のおもしろいところだなと思います!

 

参考文献:新版歌舞伎事典/日本大百科全書/世界大百科事典

新版 歌舞伎事典

新版 歌舞伎事典

 
歌舞伎名作撰 近江源氏先陣館 盛綱陣屋 [DVD]

歌舞伎名作撰 近江源氏先陣館 盛綱陣屋 [DVD]

 

 

 今月の幕見席

www.suehiroya-suehiro.com

Copyright © 2013 SuehiroYoshikawa  All Rights Reserved.