歌舞伎ちゃん 二段目

『歌舞伎のある日常を!』 歌舞伎バカ一代、芳川末廣です。歌舞伎学会会員。2013年6月より毎日ブログを更新しております。 「歌舞伎が大好き!」という方や「歌舞伎を見てみたい!」という方のお役に立てればうれしく思います。 mail@suehiroya-suehiro.com

広告

本日初日!歌舞伎座 十二月大歌舞伎 上演時間&一幕見席タイムテーブル

本日歌舞伎座にて十二月大歌舞伎の幕が開きました!
おめでとうございます!

発表されている上演時間をまとめましたので、よろしければご活用ください。
スクリーンショットで保存しておきますと、圏外の劇場でも便利です!
(上演中は携帯電話の電源をお切りくださいね)

昼の部(Aプロ)

たぬき

11:00~12:30

主な出演:中車、児太郎、門之助
幕見席発売時間:10:30~ 1,500円

幕間  35分

村松風二人汐汲
13:05~13:35

主な出演:梅枝、児太郎

幕見席発売時間:11:15~ 1,000円


幕間  20分

壇浦兜軍記
阿古屋

13:55~15:10

主な出演:玉三郎(2・3・8・9・14・15・20・21・26日)

幕見席発売時間:13:20~ 1,500円

昼の部(Bプロ)

たぬき

11:00~12:30

主な出演:中車、児太郎、門之助
幕見席発売時間:10:30~ 1,500円

幕間  35分

保名
13:05~13:28

主な出演:玉三郎

幕見席発売時間:11:15~ 1,000円


幕間  20分

壇浦兜軍記
阿古屋

13:48~15:03

主な出演:梅枝(4・5・10・11・16・17・22・23日)

児太郎(6・7・12・13・18・19・24・25日)

幕見席発売時間:13:20~ 1,500円

夜の部

神霊矢口渡

16:30~17:37

主な出演:松緑、梅枝、児太郎
幕見席発売時間:14:15~ 1,500円

幕間  35分

本朝白雪姫譚話
第一幕

18:12~19:04

主な出演:玉三郎
幕見席発売時間:16:45~ 1,200円

 

幕間  15分

第二幕

19:19~20:27

主な出演:玉三郎
幕見席発売時間:18:30~ 1,500円


※12月1日時点での予定。

www.kabuki-bito.jp

今月の幕見席

今月の歌舞伎座は昼の部がAプロ、Bプロと別れており

阿古屋」では3パターンの配役がありますので、

全て制覇なさるリピーターの方もおいでのことと思われます!

各パターン日程が限られているため土日などは混雑する可能性がありますので、

ぜひお早めにお出かけください!

みどころ

いよいよ今年最後の芝居の幕が開きました!

近年の12月公演ではおなじみ、玉三郎さんを中心とする美しい狂言立てで一年の締めくくりとなります。

 

話題を呼んでいるのは昼の部「阿古屋

昨年に引き続き、女形屈指の難役として知られる阿古屋の役を

玉三郎さん・梅枝さん・児太郎さんが2日ずつ順番にお勤めになるという趣向です。

阿古屋というのは芝居をしながら、琴・三味線・胡弓の三曲を

舞台上で実際に演奏するという大変な技術を必要とする役柄であります。

長らく玉三郎さんしかお勤めになれる方がいらっしゃらなかったところを、

20~30代の若手女形である梅枝さん・児太郎さんが直伝で受け継ぐという取り組みです。

お二人が50代、60代の名女形となられたときにしみじみと思い出され

楽しみが何倍にも広がりうる公演ですので必見です!

 

今回歌舞伎を初めてご覧になる方で、難しいセリフは不安だな…という方には

一幕目の「たぬき」が一番わかりやすいのではないかなあと思います。

おかしみと切なさが同居する、人情味あふれる芝居でこのすえひろも大好きな演目です。

テレビでもご活躍の中車さんが主役としてご出演になりますので、

舞台に慣れ親しんだお顔がありますと非常に物語が入ってきやすいという点でもオススメです!

 

夜の部「本朝白雪姫譚話」はなんと

あのグリム童話でおなじみの「白雪姫」を題材とした新作歌舞伎であります!

白雪姫といえば個人的にはディズニー映画のイメージですが

今回の公演のポスターは完全に日本的で、歌舞伎らしい音楽劇に変貌しているようです。

一体どのような作品なのか非常に楽しみですね…!!

 

今月もみどころいっぱいの歌舞伎座、どんなひと月になるか楽しみです!

Copyright © 2013 SuehiroYoshikawa  All Rights Reserved.