歌舞伎ちゃん 二段目

『歌舞伎のある日常を!』 歌舞伎バカ一代、芳川末廣です。歌舞伎学会会員。2013年6月より毎日ブログを更新しております。 「歌舞伎が大好き!」という方や「歌舞伎を見てみたい!」という方のお役に立てればうれしく思います。 mail@suehiroya-suehiro.com

広告

やさしい寺子屋 その七 あらすじ③

ただいま歌舞伎座で上演中の秀山祭九月大歌舞伎

芝居好き垂涎の演目・配役ですが、上演頻度の高い演目が揃っているため

初めて歌舞伎をご覧になる方にも大変おすすめの公演であります。

 

夜の部「寺子屋」は、数ある歌舞伎の演目のなかでも屈指の名作。

主君のために子を犠牲にするという忠義の心とその葛藤が描かれています。

今回は吉右衛門さんが主役の松王丸をお勤めになる大変豪華な一幕です!

大変上演頻度の高い演目ですので、過去には一度あらすじをお話しておりますが

仕切り直してもう少し詳しくじっくりとお話したいと思います。

せまじきものは宮仕え

寺子屋は1746年(延亭3年)に人形浄瑠璃として初演された

菅原伝授手習鑑」という全部で五段ある長い物語の四段目にあたる場面です。

 

菅原伝授手習鑑の大きなテーマとなっているのは親子の別れ。

浄瑠璃のなかの四段目というのは、

物語の終着点ではないけれども、物語の中でもっともドラマチックな場面である…

ということが多く、

この寺子屋も数々の別れを描いた菅原伝授手習鑑の中でもとりわけ劇的であるために

何度も何度も繰り返し上演されて人気狂言となっています。

f:id:suehirochan:20190910221604j:plain

国会図書館デジタルコレクション  松王丸・源蔵女房戸なみ・松王女房千代・武部源蔵 香蝶楼豊国

 

その②では、どこかへ出かけていた寺子屋の主 武部源蔵が、

重い足取りで戻ってきたところまでお話して参りました。

この場面は「源蔵戻り」と呼ばれていまして、

新入生入学のくだりを飛ばしてここから上演されることも多々あります。

 

子どもたちに出迎えられても浮かない様子であった源蔵でしたが、

さっきお母さんに連れられて寺入りしたばかりの

器量よしの坊や・小太郎くんを紹介されて「おお良い子だね!」と急に機嫌を直します。

戸浪が、小太郎くんのお母さんは隣村に用事があり今はいないことなどを話すと、

なぜだか「それはなおのこと良い良い」と感心して、子どもたちみんなと遊ぶようにと言い渡します。

 

遊びの時間を与えられわーいわーいと部屋を飛び出していく子どもらを見送り、

先ほど重苦しい雰囲気で帰宅してきたそのわけを語り出す源蔵

 

そもそも源蔵が出かけていったのは、庄屋方に呼ばれたため。

行ってみますとそこに待っていたのは時平の家臣・春藤玄蕃でありました!

春藤玄蕃はなんと源蔵が寺子屋で菅秀才をかくまっていることを知っていて、

菅秀才の首を打て」ととんでもないことを命じてきたのです。

しかも、首が本当に菅秀才かは、その顔を知っている松王丸が実検する、

あとで一緒に寺子屋に行くから待ってろよと言われてしまったのでした。

 

菅秀才をかくまっていたことも知られ、松王丸まで来てしまう…

ここまでされてはもはや言い逃れはできません。

寺子の誰かを身代わりにして首にしようか…とは思ったものの、

菅丞相の子であり生まれも育ちも別格の菅秀才さまと

山里を元気に駆け回る寺子たちでは何もかも違ってすぐにバレてしまうであろう…

もはやこれまでか……と落胆していたのです。

 

そんな思いで鬱々と戻ったところ、寺入りしていたのがあの小太郎くん。

単に顔かたちがよいだけではなく気品もある小太郎くんであれば、

身替り首としても最適であろうと考え、源蔵は機嫌を直したのでありました。

 

戸浪はこの恐ろしいいきさつを聞いてギョッとすると同時に、

松王丸は三つ子のうちの悪者であり、菅秀才の顔もよく見知っているから

バレてしまうのではないかしら…と案じます。

 

しかし源蔵は諦めることなく、一か八かやってみるしかない…

場合によってはお母さんも殺して…!と恐ろしいことを言いだすのです。

これにはヒエエとおびえる戸浪でしたが、

二人の共通の思いは「若君 菅秀才の命には代えられない」ということ。

「せまじきものは宮仕えじゃなあ…」とやるせなさに悲嘆にくれたのでした。

 

と、そこへ、いよいよ春藤玄蕃松王丸がやってきます!

 

さあどうなるどうなる、というところで次回に続きます。

 

今月の幕見席 

www.suehiroya-suehiro.com


Copyright © 2013 SuehiroYoshikawa  All Rights Reserved.