歌舞伎ちゃん 二段目

『歌舞伎のある日常を!』 歌舞伎バカ一代、芳川末廣です。歌舞伎学会会員。2013年6月より毎日ブログを更新しております。 「歌舞伎が大好き!」という方や「歌舞伎を見てみたい!」という方のお役に立てればうれしく思います。 mail@suehiroya-suehiro.com

広告

やさしい菅原伝授手習鑑 道明寺 ざっくりとしたあらすじ⑤

ただいま歌舞伎座で上演中の二月大歌舞伎

十三代片岡仁左衛門二十七回忌追善狂言として上演されている

昼の部「菅原伝授手習鑑」は、三大狂言のひとつに数えられる名作中の名作です。

 

今月上演されているのは全五段にもなる長い物語の前半「加茂堤」「筆法伝授」「道明寺」の場面。

前回の上演は5年前ですので激レアというわけでもないけれども、比較的上演頻度は低めな場面といってよいかと思います。

と申しますのも、物語の後半に置かれているクライマックス「寺子屋」の場面の上演頻度が尋常でなく、

年に一度はどこかしらで上演されると言っても過言ではないのです。

 

歌舞伎の興行スタイルでは、この物語の事情は皆さんお馴染みなはず…という前提で、

いきなりクライマックスだけが上演されることが多くなっています。

それでも感動でき、なんかよくわからないがすごいぞ…!と思えるのも歌舞伎の醍醐味ではあるものの、

今月せっかく上演されているのですから、ぜひ全体の事情を把握していただきたいと思いました。

というわけで少し時間をかけまして「加茂堤」「筆法伝授」「道明寺」のあらすじをお話してまいります。

何らかのお役に立てればうれしく思います!

加茂堤

www.suehiroya-suehiro.com

www.suehiroya-suehiro.com

筆法伝授

www.suehiroya-suehiro.com

www.suehiroya-suehiro.com

www.suehiroya-suehiro.com

www.suehiroya-suehiro.com

 道真これへ来たらずば かかる嘆きもあるまじきに

そもそも菅原伝授手習鑑(すがわらでんじゅてならいかがみ)とは、

1746年8月に人形浄瑠璃として初演されて人気となり、その翌月に歌舞伎化された演目。

天神様としておなじみ菅原道真の太宰府左遷と、

道真に大恩を受けた三つ子松王丸桜丸梅王丸の思いをからめつつ

さまざまな形での悲しい「親子の別れ」を描き出しています。

 

全ての悲しみの発端となる加茂堤の場面、

勘当した弟子の源蔵を呼び出し菅丞相が菅家秘伝の筆法を伝授するも

謀反を疑われ左遷が決定してしまう筆法伝授の場面を経て、

いよいよ前半のクライマックス道明寺の場面となります。

約2時間と長丁場で静かな展開ではありますが、

菅丞相の神々しさを筆頭に、見どころのたくさんある名場面ですので、

この機会にじっくりとお話してみたいと思います。

 

その④では、ニセの迎えに菅丞相が連れ去られてしまった可能性が明らかになり、

判官代輝国覚寿がうろたえるところ、不思議なことに菅丞相の声が聞こえてきた…

というところまでお話いたしました。

 

障子が引き抜かれ、登場したのは先ほど出立したはずの菅丞相

これは一体どうしたことかと覚寿が驚くところへさむらいがやってきて、

先ほど菅丞相を連れて行った警固の役人たちが戻ってきたと告げ知らせます。

ニセの迎えが戻ってきたとあらば、覚寿も自分の話が嘘でないことを証明することができます。

輝国も、自分の名前を騙ってやってきたニセの役人たちのようすを見るため、しばし忍んで窺うことにしました。

菅丞相ももちろんここで姿を現してはまずいので、しばらく身を隠します。

 

と、花道よりやってきた、先ほど菅丞相を輿に乗せて連れ去ったはずの一行。

ニセ迎え一行のうちの弥藤次という者が覚寿に訴えてきたのは、

よくも木でできた菅丞相を渡したな、人間の菅丞相と替えろ!というクレームでありました。

 

これを聞いた覚寿は、ハッと心づきます。

覚寿への形見のために菅丞相が自ら作っては壊し作っては壊して、

ようやく仕上げたあの木像に、もしかしたら本当に魂が宿ったのかもしれません…

そうであれば科学ではとても説明のつかない不思議な現象です!

信じがたい奇跡のよろこびにうち震えながらも覚寿はそれを押し隠して、

何をおっしゃっているのかよくわからないのでその木像を見せてくださいと弥藤次に言い返します。

 

今見しょうじょうと言いながら弥藤次が輿の戸を開けると、

お出ましになったのはなんと、動かぬ木像ではなく優美なる菅丞相

その場の人々はみな驚愕し、ニセ迎えたちも一体どういったことかと訝しみながらも、

さきほどまで木像だったはずの菅丞相を再び輿に戻して連れ帰ろうということになります。

しかしながらやはり何か怪しいので、館を一度捜索してから帰ることにしました。

 

と、そんな折弥藤次は、今にも死にかけの宿禰太郎を発見!

大騒ぎになると、警固の役人の中から土師兵衛が出てきて誰が殺したんだといきり立ちます。

立田の前の殺害もニセ迎えもすべては土師兵衛宿禰太郎の仕業だと察している覚寿は落ち着き払い、

宿禰太郎は自分が手にかけたことを告白、すべての計略を明かせと迫るのでした。

 

息子・宿禰太郎の出世のためにと時平公に取り入り、

あと少しで成功するはずだった菅丞相暗殺計画覚寿に嗅ぎ出され、怒り心頭の土師兵衛

倅の敵!と斬りかかろうとするところを輝国が捕らえて、ひとまずニセ迎え騒動は方がつきました。

 

先ほど菅丞相が乗り込んだはずの輿を開くと

弥藤次の言っていたとおり菅丞相の姿がカチコチの木像に変わっていて驚くところ、

本物の菅丞相が姿を現し、輝国覚寿はあまりの不思議に仰天してしまいます。

 

菅丞相は、土師兵衛宿禰太郎の騒ぎのようすを伺い見ていました。

それでも丞相さまは、殺してしまえ悪者め、などということはおっしゃいません。

立田の前がこのような形で命を落とし、伯母さまの悲しみはいかばかりか…と慮り、

自分がここへ来たために起こってしまった悲劇を悔やんで、涙を流すのでした。

その言葉を受け、覚寿は息も絶え絶えであった宿禰太郎の、

輝国土師兵衛にとどめを刺し、丞相さまとともにその魂を弔います。

 

悪事がすべて明らかとなり、残るは太宰府への出立ばかり…というところで、次回に続きます!

これまで長々とお話してまいりましたが次回でようやく幕となりますので、

もう少しお付き合いいただければ幸いです。

 

参考文献:新版歌舞伎事典/歌舞伎オンステージ菅原伝授手習鑑/歌舞伎登場人物事典/十五代目片岡仁左衛門より 芸談集

今月の幕見席

www.suehiroya-suehiro.com

Copyright © 2013 SuehiroYoshikawa  All Rights Reserved.